宿毛フェリー、燃料高騰のため19日から運休していた

 宿毛と佐伯を結んでいた宿毛フェリー。1日3往復していました。

(この記事は未完成です)

(参考:宿毛フェリーホームぺージ http://www.sukumoferry.com/)

| | TrackBack (0)

東京都、BRTの事業計画を改定

 都心と臨海地域を結ぶBRTについての続報です。

 すでにBRTについては2016年4月の段階で、「都心と臨海地域とを結ぶBRTに関する事業計画」を策定していましたが、8月にこれを改定していました。新しい計画は次の通りです。

 BRTが本格的に運行を始めるのは、2022年度に環状第2号線の本線トンネルが開通してからです。それまでの間は、地上部道路(2019年度末に開通します)を使った、プレ運行(一次)を行います。2020年のオリンピック開催前から行います。オリンピック開催前と開催中は、虎ノ門-新橋駅-勝どき-晴海二丁目間の1系統のみの運行となります。運行会社は京成バスです。

 オリンピック終了後、プレ運行(二次)を行います。系統が3つに増えます。幹線ルート(虎ノ門-新橋駅-勝どき-市場前駅-有明テニスの森駅-国際展示場駅-東京テレポート駅)のほか、晴海・豊洲ルート(虎ノ門-新橋駅-勝どき-晴海三丁目-晴海二丁目-豊洲駅-市場前駅。晴海二丁目-市場前駅間は市場前駅付近に整備される交通広場の完成を待って延伸します。2020年度中を予定しています)、勝どきルート(新橋駅-勝どき)が加わります。東京ビッグサイト、東京国際クルーズターミナルへの延伸も検討します。京成バスのほか、新会社(京成バスが2019年度に設立する予定です)が共同で運行します。

 そして、先ほどにも書いたとおり、2022年度に環状第2号線の本線トンネルが開通し、公共交通優先施策や運賃収受の工夫による停車時間の短縮などを図ったのち(専用道を設ける考えはないようです。環状第2号線は信号が少なく、それが対策になるとのことです)、速達性や定時性を確保したBRTの本格運行を行います。本格ルートは4系統に増えます。プレ運行(二次)に比べて、選手村ルート(新橋駅-晴海五丁目)が加わります。選手村のマンション群には2022~2023年ごろから1万人以上が住み始める見通しです。東京ビッグサイト、東京国際クルーズターミナルのほか、東京駅への延伸も検討します。運行するのは新会社のみです。

 プレ運行(一次、二次)と本格運行の違いは何でしょうか? 環状第2号線(築地区間)については、プレ運行時は往復2車線の地上部道路です。本格運行時は往復4車線の本線トンネルと往復2車線の側道が整備されます。表定速度については、プレ運行時は路線バス並みの時速11~15キロ程度です。本格運行時はLRT、新交通システム並みの時速20キロ以上を目指します。運賃収受方法については、プレ運行時(運賃220円)は現金での支払いも受け付けますが、本格運行時(運賃220円以上)は車内での現金収受はありません。乗車券を発行します。車両については、プレ運行時は単車バス(一部燃料電池バス)と連節バス、本格運行時は単車バス(燃料電池バス)と連節バスです。新橋駅-勝どき間の輸送力については、プレ運行時はピーク時1時間に6本、450人、それ以外は1時間に4本、300人。本格運行時はピーク時1時間に20本、2000人、それ以外は1時間に12本、1200人。いつの時点かはわかりませんが、一時停留所を通過する急行便の運行を検討しています。停留所も車椅子の人がスムーズに乗り降りできるように、バリアフリーに配慮したものになります。
(参考:東京都都市整備局ホームぺージ http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/08/29/03.html、日本経済新聞ホームぺージ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34739740Z20C18A8L83000/、東京新聞ホームぺージ http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201808/CK2018083102000125.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大阪市、新大阪付近を再開発する方針

 大阪の新幹線のターミナル駅は新大阪、しかし新大阪に到着した客は急いでJRや地下鉄に乗り換え、新大阪自体に用事のある人はあまりいません。せっかくの交通の便利さを活かしていないのです。

 そこで、新大阪周辺(阪急の十三や淡路の周辺も含んでいます)が容積率の緩和などの優遇措置などを受けることができる、都市再生緊急整備地域の候補に選ばれたのをきっかけに、再開発の動きが出ています。8月30日のことですが、吉村大阪市長は、新大阪周辺の再開発の方向性を検討する協議会を発足させることを明らかにしました。

 この協議会には、国、大阪府、関西の経済団体のほか、JR西日本、阪急にも参加してもらう方針です。2019年度中にまちづくりの方針の骨格を決め、2020年度以降の都市再生緊急整備地域の指定を目指します。

 新大阪には将来、リニアや北陸新幹線の駅ができます。ますますターミナル機能は高まり、将来に期待が持てるところです。それはわかるのですが、商業の集積を促すための容積率(200~800%)の緩和は、伊丹の存在がネックになっているところもあります。関空や神戸に集約し、伊丹を思い切って廃港にする決断がいるかもしれません。
(参考:日本経済新聞ホームぺージ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3478862030082018LKA000/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

E653系が国鉄風塗装で水戸支社管内へ

 かつて常磐線で「フレッシュひたち」として走っていたE653系ですが、E657系の導入に伴い常磐線を離れ、羽越線や信越線で走っています。

 そのE653系ですが、慣れ親しんだ水戸支社管内に戻ってくることになりました。戻ってくるのは7両編成1本で、常磐線で走っていたときと異なり、1号車はグリーン車になっています。

 車両の塗装が変わります。かつての485系時代の、国鉄特急風の塗装になるのです。常磐線時代にも、羽越線時代にもなかった塗装です。塗り分けかたは485系のような国鉄特急と異なりますが、クリームと赤の組み合わせです。

 水戸支社管内でE653系がデビューするのは、2019年春ごろ。臨時列車として使います。
(参考:JR東日本水戸支社ホームぺージ http://www.jrmito.com/press/181019/press_01.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

岩手県交通の「イーハトーブ号」、運転士不足で平日運休

 池袋と一関、奥州、北上、花巻、紫波町とを結ぶ岩手県交通の高速バス、「イーハトーブ号」。9月下旬から週末を中心とする週3日のみの運行となっています。

 特に収益が悪化しているのではありません。「イーハトーブ号」が週末中心の運行になったのは、運転士が足りないからです。岩手県南部では新しい工場をつくる動きがあり、どうやらそこに転職する人がいるようなのです。夜行バスの「イーハトーブ号」は1台のバスに2人の運転士が乗ります。ほかのバスより運転士がいるのです。当然、儲かる「イーハトーブ号」を週末中心の運行にはしたくないのですが、ローカル線を減便したり廃止したりするには地元自治体との協議が必要です。ところが、そのような時間がないため、やむなく「イーハトーブ号」に手を付けたのです。
(参考:岩手日報ホームぺージ https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/8/30/21571)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

那覇で生徒の送迎による渋滞を防ぐ実験

 鉄道がモノレールだけの沖縄では、車に頼る割合が高くなります。過疎地帯ならともかく、人口が密集している那覇近郊でも車に頼っています。生徒の通学も親の送迎です。当然ながらそういうことをやっていたら、渋滞します。ひとりひとりの行動が、社会的に望ましくない状況を生むのです。

 そこで沖縄総合事務局は、那覇市内の全12校に通う生徒を対象に、11月5日から2019年2月22日まで、高校生の路線バスやモノレール利用を促す実証実験を行います。

 実験の参加者には、「OKICA」が貸与されます。5000円出すと6000円分使えます。このICカードで通学のほか、通塾、買い物にも使うことができます。休日にも使うことができます。申し込みはパンフレットにあるはがきやインターネットで行いますが、締め切り間近(はがきは22日、インターネットが23日)ですので注意が必要です。アンケートへの回答も必要です。
(参考:朝日新聞ホームぺージ https://www.asahi.com/articles/ASLBM61R1LBMUEHF012.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小田急、LSEの車内装備品を販売

 1980年にデビューしたLSEはこの10月13日に、完全に引退しました。

 しかし、LSEは生き続けるのです。LSEで実際に使われてきた座席シート、座席テーブル、カーテンなどの車内装備品が、プロダクトデザイナーの手によって、新たな役割を与えられるのです。「Romancecar Memorial Parts Project」といい、本日10月20日から始まります。

 第1弾は、4種類の商品を販売します。シートの座面を使った「ロマンスチェア」、車内のテーブルを活用した「ロマンステーブル」、カーテンを使った「ロマンスウォッチ」、「ロマンスTシャツ」です。「ロマンスチェア」はシートの座面を使い、素材はナラの無垢材です。20脚限定で598000円です。「ロマンステーブル」は車内に設置されている折りたたみテーブルにスチールの脚をつけ、家具として使えるようにしました。当然ながら折り畳みができます。100台限定で189000円です。「ロマンスウォッチ」は車内のカーテンを文字盤として活用しています。バンドの色は、ロマンスカーの象徴であるパーミリオンオレンジです。200個限定で20000円です。「ロマンスTシャツ」は車内のカーテンを胸ポケットに使っています。オリジナルロゴ入りです。200枚限定で4800円です。

 これらの販売期間は10月20日10:00から12月25日23:59まで。特設サイトでのみ購入できますが、10月20日、21日に海老名電車基地で開催される「小田急ファミリー鉄道展 2018」で試作品の展示があります。4つとも受注生産で、発送は2019年3月以降です。また、商品代金のほか、発送料として1080円かかります。なお、「Romancecar Memorial Parts Project」による収益の一部は、NSE(1963年デビュー)を保存、展示している神奈川県開成町に車両の保存管理費用として寄付します。
(参考:小田急ホームぺージ https://www.odakyu.jp/news/o5oaa1000001dd5t-att/o5oaa1000001dd60.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阿下喜と西藤原を結ぶバスがあった

 三岐鉄道北勢線の終点、阿下喜からそのまま折り返さずに行く方法として、三岐鉄道三岐線の伊勢治田まで歩くのはよく知られています。しかし、伊勢治田は途中の駅で、終点ではありません。終点同士を結ぶバスはないのでしょうか?

 実はあるのです。いなべ市の福祉バスがそれで、日祝と年末年始は除きますが、坂本線というのが阿下喜と西藤原を結んでいるのです。

 バスはジャンボタクシーみたいなタイプ。阿下喜にはいくつかの路線が乗り入れているので、乗り間違いのないように注意する必要があります。昨日(10月19日金曜日)乗ったのは阿下喜11:34発のバス。次のいなべ総合病院で乗る人がいて、客は8人にもなりました。阿下喜を発車して10分ほどでバスは三岐線の踏切を渡ったのですが、集落の中を走るので、どこを走っているかはよくわからなかったです。普通のバスのように案内放送もないので、注意が必要です。地元の人ぐらいしか乗らないのでこれでも問題ないのでしょうが、旅人の我々は運転士に予め聞いておいたほうがよいでしょう。

 三岐線西藤原の最寄りのバス停は西藤原駅口ですが、集落の中にあるバス停なので、駅の位置は近くに立っている案内を見ないとわかりません。阿下喜は駅前にバス停があったのですが、駅とバス停が離れている西藤原でバス停を探すのは難しいです。なお、西藤原の駅前には店はありませんが(阿下喜にはパン屋、コンビニ、銀行があります)、駅の中に簡易郵便局があります。鉄道の切符も硬券なので、記念に子供の初乗り切符を買いました。

 余談ですが、三岐線に乗らなくても、北勢線に再び乗らないで戻る方法があります。ひとつは桑名と阿下喜を結ぶ三重交通のバスに乗ること。阿下喜のバス停は道路を渡った向かい側にあり、1時間に1本バスがあります。もうひとつは、駅前にある温泉に入ること。三岐鉄道には温泉がセットになった切符があるぐらいですから、温泉に入ってから再び北勢線に乗っても、気が引けることはありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

下地島空港は2019年3月30日開業

 宮古島の近くの下地島には空港があります。下地島空港です。下地島空港は3000メートルの滑走路を有する空港ですが、長らくの間航空会社によるパイロットの訓練用として使われてきました。かつてはJALやANAが訓練に使っていましたが今は撤退し、日本トランスオーシャン航空等が使っているのみです。定期路線があったときもありましたが、1994年に運休したままで、25年近く飛んでいません。

 この下地島空港ですが、2019年3月30日、旅客ターミナル施設ができます。そして、25年ぶりに定期路線ができます。ジェットスターの成田-下地島線です。エアバスA320型機(180人乗り)が1日1往復運航します。就航日、ダイヤ、運賃等は後日発表されます。

 なお、2019年春の段階では下地島空港に発着するのは成田線のみですが、下地島空港の旅客ターミナルには国際線も受け入れることができる設備も用意されています。台湾、香港、韓国などからの国際線定期便、チャーター便の誘致も積極的に行うとのことです。

 もっとも、下地島から橋を通って宮古島に渡ることができます。宮古島にも当然空港があります。下地島も宮古島も同じ宮古島市内にあり、航空客を奪い合う危険性があります。2空港をどうやってすみ分けるか(あるいは滑走路の長い下地島に統合するのか)が課題と言えます。
(参考:下地島空港ホームぺージ http://shimojishima.jp/lib/img/pdf/181015PressRelease.pdf、沖縄県ホームぺージ http://www.pref.okinawa.jp/airport/index/sm/simojijima00.htm、毎日jp https://mainichi.jp/articles/20181018/k00/00m/020/041000c)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

羽越線にディーゼルハイブリッド車両の観光列車

 JR東日本は2019年10月からの「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン」に合わせて、羽越線に新しい観光列車を走らせます。その観光列車の名前は「海里」。「かいり」と言います。新潟県や庄内地方には豊かな海や里があります。その海や里のおいしいものや景色を楽しんでもらいたいという想いから名付けられたようです。

 まず外観から見ていきましょう。中ほどの2、3号車の窓より下は白がベース、そして両端の1、4号車の窓より下は両端に向かってだんだん赤くなります。白は新雪、赤は夕日をイメージしています。中も赤系統の色がところどころで使われています。1号車は2人掛けのリクライニングシートが並び、定員は30人です。2号車は定員4人のコンパートメントが8室あります。コンパートメントは座席を引き伸ばすことができ、フルフラットになります。足を伸ばすこともできます。3号車は新潟や庄内の食をメインに提供する売店と、イベントスペースがあります。定員は0人です。4号車は新潟や庄内の食を楽しむことができるダイニングで、2人席と4人席があります。定員は24人です。

 この「海里」はディーゼルハイブリッド(HB-E300系)の4両編成です。新潟-酒田間を走ります。羽越線の観光列車と言えば、「きらきらうえつ」がありますが、485系を使用しているので、かなり老朽化しているのでしょう。これを置き換える意図があるかもしれません。
(参考:JR東日本新潟支社ホームぺージ http://www.jrniigata.co.jp/press/20181016kairi.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«鶴見の相鉄・JR直通線の列車を停める工事は最低でも12~14年かかる