« コンビニの沖縄弁当 | Main | 「ごめん」の隣は「ありがとう」 »

後味の悪い試合

 今日の東京ドームの巨人戦、またもや得点が出来ずに負けてしまいました。

 さて、今日のヒーローは何といっても審判。11回表の攻撃、1アウトランナー1塁(沖原選手)、藤本選手のセカンドゴロを処理しようと前進していた(捕球体制には入っていない)2塁手の仁志選手は、2塁に向かってまっすぐ走っていたランナーの沖原選手とぶつかってしまいます。これをなんと審判は「守備妨害」と判定してしまったのです(正しくは、「守備妨害だ」というショート元木選手のアピールをそのまま受け入れた)。何回もテレビで見たのですが、どうやっても理解できません。フライならともかく、ゴロなので前で捕っても後ろで捕ってもいいのです。あれが守備妨害というのなら、ランナーはどこを走るべきなのでしょうか?

 流れの中のプレーなので、審判も瞬時には正確な判断が出来ないこともあります。中立的な立場でありたいと思うならば、大相撲などでも採用されているように、ビデオを使うべきでしょう。

|

« コンビニの沖縄弁当 | Main | 「ごめん」の隣は「ありがとう」 »

スポーツ」カテゴリの記事

タイガース」カテゴリの記事

Comments

闘魂込めて(讀賣応援歌)の替え歌で!

札束つめて!選手をぶんどり!
金は飛ぶ飛ぶ!審判も買収!
おおジャイアンツ!勝つため手段を選らばねえ!
ジャイアンツ!ジャイアンツ!
無敵のなべつね、やり放題!!

Posted by: サウスポーあさちゃん | 2004.06.19 11:41 PM

 サウスポーあさちゃんさん、こんばんは。すばやいコメントありがとうございます。

* 闘魂込めて(讀賣応援歌)の替え歌で!

 歌が思い浮かばないのですが、やりたい放題ですね。視聴率が下がる傾向にあるので必死なのでしょうか?

Posted by: たべちゃん | 2004.06.21 10:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 後味の悪い試合:

« コンビニの沖縄弁当 | Main | 「ごめん」の隣は「ありがとう」 »