« 「さくら」「あさかぜ」来春廃止 | Main | 同じ名前の人が選挙に »

名古屋流エスカレーターの乗り方

 普通、エスカレーターに乗るときは、片側を空けて乗るものです。東京では右側を、大阪では左側を空けます。空いた片側は、急ぐ人たちが使います。

 しかし、名古屋市地下鉄は夏ごろから、エスカレーターでは2列に並んで、歩かないように促しています。障害者や高齢者からの苦情を受けてのようです。確かに、エスカレーターでの事故は回転ドアやエレベーターに比べて多いです。

 肝心の利用者は、この地下鉄独自のルールを守っているのでしょうか? もちろん、守っていません。今でも、右側を空けて乗っています。2列に並んで乗ると、逆にトラブルになるぐらいです。

 携帯の話にしろ、多くの人に受け入れられない勝手なルールは作るだけ無駄です。名古屋でもこのような指導をしているのは地下鉄だけです。JR東海や名鉄では、そのようなことをやっていません。エスカレーターを歩くのは、エスカレーターが遅いからです。2台並行してエスカレーターがあるところは、1本を急行運転させるなど、歩かなくても十分と利用者が思える状況にならないと、誰も守ってはくれないでしょう。
(参考:中日新聞11月28日朝刊12版)

|

« 「さくら」「あさかぜ」来春廃止 | Main | 同じ名前の人が選挙に »

名古屋市地下鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。トラックバックを打たせていただきました。

駅にあるエスカレーターって、早く移動するための道具と思っていたのですが、そういうのは健常者だから思える発想であって、障害者からみたら違う考え方があるんだなということについては、今回の中日の記事(自分はインターネット版でみました)で感じました。

Posted by: ちゃいにーず | 2004.12.01 at 01:14 AM

 ちゃいにーず さん、こんばんは。

* 駅にあるエスカレーターって、早く移動するための道具と

 私もそのように考えています。エスカレーターは結構遅いですから。階段を歩くよりも遅いぐらいです。

 要は状況に応じて行動すればよいわけで、障害者やお年寄りがいたらそっと抜いたらいいだけなのです。必ず立ち止まってエスカレーターに乗らなければならないわけではありません。

Posted by: たべちゃん | 2004.12.01 at 11:30 PM

こんにちは。

>障害者やお年寄りがいたらそっと抜いたらいいだけ

そうなんですよね。気の遣いかたというか。

優先席だって、あういうものがあるからかえって「あそこに(優先)席があるがや」みたいになってしまって、譲らない風潮が助長されてしまっている気がします。

Posted by: ちゃいにーず | 2004.12.02 at 10:42 PM

 ちゃにーずさん、こんばんは。

* 優先席だって、あういうものがあるからかえって

 携帯電話のからみがあって、「全席優先席」にはしにくいと思われます(優先付近のみ、携帯の電源をオフにしなければならないため)。

 特急などの長距離列車ならともかく、地下鉄のような短い区間を走る電車なら、障害者やお年寄りを見れば席を譲ればいいのですが。

Posted by: たべちゃん | 2004.12.05 at 12:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/2115825

Listed below are links to weblogs that reference 名古屋流エスカレーターの乗り方:

» で、どうなるの? [がんばりません]
8月13日にエスカレーターについて、このような記事を書いたのですけど、最近は呼び [Read More]

Tracked on 2004.12.01 at 01:09 AM

« 「さくら」「あさかぜ」来春廃止 | Main | 同じ名前の人が選挙に »