« 愛知万博弁当問題に首相が発言 | Main | 野菜工場 »

名古屋にもようやくICカード登場

 JR東日本(首都圏、仙台地区)やJR西日本(関西)では、ICカードのプリペイドカードが活躍しています。切符を券売機で買わなくても、カードを自動改札機に触れさせるだけで勝手にお金が引かれ、とても便利です。いったん持つと、もう元には戻れません。

 これに比べて東海地区は、地下鉄と名鉄の一部区間以外は、自動券売機で切符を買わないと電車に乗ることができません。しかし、先日の近鉄に引き続き、JR東海もICカードの導入を発表しました。5月から実験を始め、名古屋地区の在来線は来年度から、新幹線と静岡地区の在来線は2007年度から導入する予定です。在来線はJR東日本やJR西日本と規格を合わせるようです。

 JR東海らしいのは新幹線への対応。新幹線の予約が携帯でもできる専用のクレジットカードをICカード化するのです。記事を読む限りでは、新幹線については、JR東日本やJR西日本のICカードとの互換性はなさそうです。別々のカードが要りそうなのは、ちょっと残念ですね。
(参考:中日新聞3月31日朝刊 12版)

|

« 愛知万博弁当問題に首相が発言 | Main | 野菜工場 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

Comments

もう、疲れました……。

Posted by: 矢野通彦 | 2005.06.15 11:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 名古屋にもようやくICカード登場:

« 愛知万博弁当問題に首相が発言 | Main | 野菜工場 »