« 萩・津和野の旅(4) | Main | ようやくADSL導入 »

JR西日本批判報道に対する違和感

 先月25日に起きた宝塚線の快速電車脱線事故は、死亡者が100人を超える大惨事となりました。当然、テレビや新聞などのマスコミで大きく取り上げられました。しかし、その内容はというとお寒い限り。ここ数日は事故当日にボウリングに行ったとか、宴会を行ったという内容がトップニュースだったりします。

 死亡者が100人を超える重大な事故を起こしたのだから、適切な安全措置をとらなかったJR西日本の責任を問われるのは当然のことです。しかし、ここのところの報道は単にJR西日本を叩くためのものだったのではないでしょうか? 今日の中日新聞でこのようなマスコミの行動を批判する記事がありましたが、正直なところ「遅い」です。マスコミの批判の対象は別にJR西日本でなくても構わないのです。自分たち(マスコミ業界)以外であればなんでもいいのです。

 明日はわが身かもしれません。
(参考:中日新聞5月11日夕刊 E版)

|

« 萩・津和野の旅(4) | Main | ようやくADSL導入 »

マスコミ」カテゴリの記事

Comments

 こんばんは。お久しぶりです。

 引っ越しなどいろいろとばたばたしておりましたので、この一連のニュースはTVで横目で見ておりましたが、「なんだかなぁ」という気がしてしまいましたね。本質をそらして別のところで突付くというやり方は、マスメディアのあり方としてはどうかと思ってしまいますね。

 こうした風潮は一体いつからなんでしょうか・・・。

Posted by: mattoh | 2005.05.13 09:29 PM

 いよいよ新しい生活が始まるのですね。

* 本質をそらして別のところで突付くというやり方は、

 それでも新聞をとるのをやめたり、テレビをつけないようにすることは難しいですからね。

 寡占状態にあぐらをかいているのでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2005.05.14 09:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR西日本批判報道に対する違和感:

» あんたのところはどうなんや? [淡海の国から on blog]
(読売新聞HPから↓) JR西への苦情など5万件超す 脱線事故発生後、JR西日本 [Read More]

Tracked on 2005.05.13 12:04 AM

» 「あんたら、もうええわ。本人を呼んで」(笑) [淡海の国から on blog]
昨日アップしたエントリーに関して、知人より当該の新聞社から記事が出ているという情 [Read More]

Tracked on 2005.05.13 11:34 AM

» 不適切発言でおわび…読売・大阪本社 ←本当に反省しとるんかい!! [JIROの独断的日記ココログ版]
◆記事:脱線事故会見巡る不適切発言でおわび…読売・大阪本社   読売新聞大阪本社 [Read More]

Tracked on 2005.05.14 12:55 AM

» JR福知山線事故(2)…マスコミ,おかしくないか? [D.D.のたわごと]
25日のJR福知山線塚口・尼崎間の脱線・衝突事故から10日。 JR西日本が抱えてきた闇の部分が次々とあらわになってなってきていますが, 連休中の今朝のテレビ各局の報道を見ていると, 報道する側も感情的・扇情的な方向に偏ってきているように見え, 逆に醒めてしまうところがありました。 ◆今,この事故で“旬”な話題は次の3つ。 (1) 衝突電車に乗り合わせたJR職員が救援活動をせず出勤した件 (2) 事故当日,天王寺管区�... [Read More]

Tracked on 2005.05.15 03:08 AM

» 新聞社って竹村文之みたいなのの集団 [やの日記]
■無能で騒ぐだけのチンピラが竹村文之脱線事故会見巡る不適切発言でおわび…読売・大阪本社 脱線事故会見巡る不適切発言でおわび…読売・大阪本社JR西日本記者会見で罵声を浴びせたヒゲ記者の[正体] 読売新聞大阪本社社会部遊軍 竹村文之「ヒゲの傲慢記者」の社名が判明〜さっそく当該社へ電話突撃... [Read More]

Tracked on 2005.05.15 09:06 PM

« 萩・津和野の旅(4) | Main | ようやくADSL導入 »