« 認知症と免許証 | Main | すだれ »

時速360キロで走る猫

 JR東日本は、東北新幹線が新青森まで延長される2011年を目標に、世界最速となる時速360キロ運転の実用化を目指しています。その実験のための車両「ファステック」が宮城県利府町の車両基地で報道関係者に公開されました。

 8両編成の実験車両の先頭車両は、東京方と新青森方で形が異なっています。東京方は、丸みを帯びた流線形。新青森方は、鼻先がとがったように長くなっています。これからの実験で、どちらが適しているかを調べるのでしょう。

 また、地震などの非常時に急停止するときは、屋根の上に扇形の板が出てきます。空気抵抗の力で止めるわけですが、まるで猫の耳みたいです。

 新青森までならともかく、札幌まで開業するようになれば、航空機に対抗するためにも時速360キロ運転は求められます。時速360キロで運転すれば、なんと東京-札幌間が3時間台で結ばれるのです。将来的にはぜひ実現してもらいたいものです。
(参考:中日新聞6月24日夕刊 E版)

|

« 認知症と免許証 | Main | すだれ »

JR東日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

>時速360キロで走る猫

その内、PCのOSみたいに擬人化されそうな気が…。

Posted by: ケンチャナヨ | 2005.06.24 at 10:01 PM

こんにちは。

>東京方は、丸みを帯びた流線形。新青森方は、鼻先がとがったように長く

これまでの流れを見ると青森方が採用になりそうな気がしますが、なんとか技術力をもって東京方で採用になってほしいなぁ。

いまになってますます、東海道新幹線0系のボディがかわいらしく感じます。

Posted by: ちゃいにーず | 2005.06.25 at 05:01 PM

 ケンチャナヨさん、ちゃいにーず さん、コメントありがとうございます。

* その内、PCのOSみたいに擬人化されそうな気が…。(ケンチャナヨさんの発言)

 非常ブレーキ用の板を出しているときは、本当に猫みたいですね。

* いまになってますます、(ちゃいにーずさんの発言)

 0系は、あの姿でも当時としてはスピード感があったのでしょう。今から見れば、かわいらしいぐらいです。

Posted by: たべちゃん | 2005.06.25 at 10:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/4691445

Listed below are links to weblogs that reference 時速360キロで走る猫:

» 次世代新幹線の試験車両「FASTECH360」公開 [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜]
猫の耳のような「空気抵抗増加装置」のついた次世代新幹線のお目見えです。 世界最高速となる時速360キロでの営業運転を目指すJR東日本の次世代新幹線「FASTECH(ファステック)360S」の試験車両が宮城県利府町の新幹線総合車両センターで公開されました。 ... [Read More]

Tracked on 2005.06.25 at 11:20 AM

» 青森開通後は360キロ運転 [がんばりません]
たべちゃんさんのココログを見ていましたら、このような記事がありました。 東北新幹 [Read More]

Tracked on 2005.06.25 at 05:02 PM

« 認知症と免許証 | Main | すだれ »