« 日本の男性、減少へ | Main | 家でたこやき »

新型新幹線は全車禁煙

 国鉄の場合、かつては大都市圏の通勤電車を除き、どの車両でもタバコを吸うことができました。しかし、2007年に東海道・山陽新幹線でデビューする新型新幹線、N700系には、喫煙車がありません。また、ほかの16両編成の東海道・山陽新幹線の車両についても、来年春から禁煙車が1両増え、タバコを吸うことができる車両は4両になります。

 タバコを吸わない私にとっては、全車禁煙化や禁煙車の増大は歓迎すべきことです。しかし、まだまだタバコを吸う人がいるのも事実です。飛行機ではタバコを吸うことができないため、タバコを吸うことができる、というのも鉄道のメリットのひとつになります。N700系の場合は、そういう人のニーズに応えるため、個室型の喫煙スペースを5、6箇所設置する予定です。

 JR東日本の長野新幹線などでは、全車禁煙(しかも、喫煙スペースもありません)にするようですが、タバコを吸う人がある程度いることを考えると、特急には喫煙スペースぐらいはあってもいいでしょう。
(参考:Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050729-00000413-yom-soci)

|

« 日本の男性、減少へ | Main | 家でたこやき »

鉄道」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新型新幹線は全車禁煙:

» 喫煙車の隣も「喫煙車」 [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 国鉄(JR)の場合、かつては通勤電車を除いては、新幹線から鈍行列車まで喫煙が可 [Read More]

Tracked on 2005.07.29 11:25 PM

« 日本の男性、減少へ | Main | 家でたこやき »