« 名古屋市バスの営業係数 | Main | 松下製欠陥温風機、5万円で買い取り »

リニアは幻か?

 東京と大阪を1時間で結ぶリニア新幹線。山梨県で実験を重ね、技術的には運行に耐えられるものを持っているようです。しかし、着工される気配はありません。

 その最大の要因は、巨額の建設費。全線をつくるには、10兆円近いお金が必要となります。毎年「多い」と言われる整備新幹線建設費でも年2000億円あまり(特定財源、県の負担を含む)ですから、その金額の多さは容易に想像がつくでしょう。

 それでも、緊急性のある事業ならばやらざるを得ません。しかし、東海道新幹線には、品川発着になるとはいえ、まだ毎時3本の新幹線を走らせる余裕があります。建設費が巨額であることを考えると、優先順位は下がってしまいます。

 リニア建設の目的のひとつとして、災害などで東海道新幹線が不通になっても、東西の移動ができるようにするため、というのもあります。当面の対策としては、いずれは敦賀ぐらいまではできると思われる北陸新幹線を、大阪まで全線開業させることが挙げられます。金沢や福井どまりの新幹線なら単なるローカル新幹線ですが、大阪までできるのなら国費を投じる価値があるでしょう。
(参考:中日新聞12月3日朝刊 12版)

|

« 名古屋市バスの営業係数 | Main | 松下製欠陥温風機、5万円で買い取り »

鉄道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リニアは幻か?:

« 名古屋市バスの営業係数 | Main | 松下製欠陥温風機、5万円で買い取り »