« さぬきうどん紀行2005(1) | Main | さぬきうどん紀行2005(3) »

さぬきうどん紀行2005(2)

 国道438号を山のほうに走る。温暖な四国なのにもかかわらず、雪が舞い始め、気付くと道の両脇に雪が残っている。国道を外れ、集落の中の細い道をたどると、「谷川米穀店」が見つかる。店の周りに車を止めているからだ。川沿いに少し下ると店だが、看板の類はない。

 「谷川米穀店」は当然ながら米屋だが、なぜか昼間の2時間だけは1杯105円でうどんを食べることができる。ここの名物は青とうがらしの佃煮風。ねぎ、しょうゆ、酢とともにかき混ぜると変わった味が楽しめる。ただし、青とうがらしの入れすぎには要注意。

 最後に訪れたのが「山内うどん」。山の中にぽつんと立っているうどん屋に、なぜか多くの人が訪れる。最寄のJR黒川駅から歩いて15分ほどで行くことができるのだが、停まる列車は少ない。

 ここのうどんは、いわゆる「エッジの立ったうどん」。寒いが、コシを味わいたいので、「ひやあつ」(冷たいうどんに熱いだしをかける)にする。リッチに天ぷらをつけても、1人前300円程度で済む。麺を冷たいものにしたおかげで、独特のコシのある麺を味わうことができた。

|

« さぬきうどん紀行2005(1) | Main | さぬきうどん紀行2005(3) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

中国・四国」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/8037651

Listed below are links to weblogs that reference さぬきうどん紀行2005(2):

» 2/5(日) 本場香川の讃岐うどんは安くて美味しい [きまぐれトラベル日記]
今日は久々に食べ物ネタで書きたいと思います。 先日、徳島へスカイマークで日帰りした際に、本場香川の讃岐うどんの店を2店廻ってきました。5年前に初めて本場・香川で讃岐うどんを食べて感動を覚え、以後1年〜1年半に1回のペースで訪れ、今回で5回目になります。1度、淡...... [Read More]

Tracked on 2006.02.05 at 09:19 AM

« さぬきうどん紀行2005(1) | Main | さぬきうどん紀行2005(3) »