« 60人多く乗ってようやく黒字になるバス | Main | 新庄選手、早くも引退表明? »

鹿島市長選、桑原氏当選

 昨日行われた佐賀県鹿島市の市長選で、長崎新幹線開業に伴う並行在来線の分離に反対する現職の桑原氏が、JRからの分離を容認する新人(元市議会副議長)を破って当選しました。

 この九州の小都市の選挙のニュースが朝のラジオ(もちろん名古屋の番組です)で流れていたのは驚きましたが、ここの市長選は長崎新幹線の行方を決める重要な選挙でした。反対派の現職が勝ったことで、新幹線建設を推進してきた県は苦しい立場になりますね(いろいろ考えているとは思いますが)。

 新幹線ができたらそれなりの効果があるかもしれませんが、少なくとも現状の計画では難しいでしょう。ルートを曲げて鹿島を通すか、北越急行、智頭急行のように第3セクター方式にしないと(こうすると長崎線はJRのまま残ります)、前に進まないかもしれないですね。
(参考:西日本新聞ホームページ http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/election/20060416/20060416_001.shtml)

|

« 60人多く乗ってようやく黒字になるバス | Main | 新庄選手、早くも引退表明? »

鉄道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鹿島市長選、桑原氏当選:

» 新幹線反対派市長当選、佐賀県鹿島市 [鉄路的部落]
長崎新幹線の続報です。新幹線着工“反対派”市長当選 佐賀知事「今後も協議」という [Read More]

Tracked on 2006.04.18 09:58 AM

« 60人多く乗ってようやく黒字になるバス | Main | 新庄選手、早くも引退表明? »