« 能登・富山に行ってきました(0) | Main | 能登・富山に行ってきました(2) »

能登・富山に行ってきました(1)

 北陸へは、まだ通ったことのない上信越道経由で向かう。朝6時前に出たので、名古屋付近では渋滞に巻き込まれることはなかったが、信州中野で15キロの渋滞に巻き込まれる。渋滞は次の豊田飯山インターを越え、まだ先まで続いている。とあるトンネルの途中で、なぜか渋滞解消。この渋滞を通り抜けるのに2時間近くかかった。あたりはゴールデンウィークだというのに、まだ雪が積もっている。

 小矢部で高速を降り、巌門などの能登の西海岸をドライブ。輪島のホテルに着いたのは夕方だった。ホテルはちょうど旧輪島駅の前にある。輪島駅は、鉄道こそ廃止されたが、バスターミナルを併設した「道の駅 ふらっと訪夢」となっている。隣が「シベリア」になっている駅名票のあるホームもあり(もちろん列車は来ない)、今でも輪島の玄関口だ。

 夕食は、ホテルから歩いてレストランに行く。注文したのは、イシル貝焼、すいぜん(見た目は、いかの刺身に似ているが、実はテングサやもち米の粉でできている。すいぜんそのものには味はなく、黒いごまだれをかけて食べる。精進料理には欠かせないもののようだ)といった、郷土料理を取り入れたもの。ホテルでもらったパンフレットを持っていったら、地酒1合がプレゼントされた。

 輪島の伝統芸能といえば、御陣乗太鼓。上杉謙信が名舟村を襲った際、村人は木の皮で仮面を作り、海藻を頭に載せて太鼓を必死に叩きながら夜襲をかけた。そうすると、上杉謙信の軍勢は逃げ、村の平和は保たれたのだ。この御陣乗太鼓が、「ふらっと訪夢」の広場で、ゴールデンウィークから11月半ばまでほとんど毎晩行われるのだ。せっかくだから見ることにした。この日は寒く、足元はかなり冷たいだろう(裸足で太鼓を叩く)。それでも、御陣乗太鼓のメンバーはひるむことなく、太鼓を力強く叩き続けた。(続く)

|

« 能登・富山に行ってきました(0) | Main | 能登・富山に行ってきました(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

北陸」カテゴリの記事

Comments

 上信越道経由で、北陸ですか。私は上信越道は更埴JCTから東京方面と、長野ICまでしか行ったことがないので、是非、長野から北も行ってみたいです。
 道中、渋滞に巻き込まれたとのこと、大変ですね。トンネルの入り口ではアクセルを緩める人が多く、自然渋滞が起こりやすいポイントでもあります。
 この続き、楽しみにしております。

Posted by: ハンドル | 2006.05.13 06:16 PM

 ハンドルさん、こんばんは。

* 上信越道経由で、北陸ですか。

 上信越道経由のほうが遠回りなのですが、春日井-小矢部間は、米原経由でも上信越道経由でも高速料金は同じなので、まだ乗っていない上信越道経由にしました。今回、松本-糸魚川間に初めて乗りました。

* 道中、渋滞に巻き込まれたとのこと、大変ですね。

 ゴールデンウィークだから、ある程度の渋滞はやむをえない面はありますが(途中の駒ヶ岳サービスエリアは、朝8時の段階で、車でいっぱいでした)、それでも避けたいものですね。

* この続き、楽しみにしております。

 今から、続きを書きます。

Posted by: たべちゃん | 2006.05.13 10:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 能登・富山に行ってきました(1):

« 能登・富山に行ってきました(0) | Main | 能登・富山に行ってきました(2) »