« 教員免許、期間付きに | Main | 「村上ファンド」にインサイダー疑惑? »

ワンマン列車で310円?

 JR四国は、明日からの平日(11月までの期間限定)、「鳴門きんときライナー」を走らせます。徳島発鳴門行きの1日1本で、鳴門までノンストップの27分で結びます。

 運賃のほかに乗車整理券などの追加料金を徴収する、いわゆる「ホームライナー」タイプの列車は全国各地で運転されていますが、一般的には特急列車を使用します。しかし、この「鳴門きんときライナー」は、新車とは言え、1両編成の普通列車用車両です(転換クロスシート)。

 この列車の売りは、27分というスピード。普通列車やバスよりも速く、夕方のラッシュ時間ということを考えると、車ともいい勝負ができるかもしれません。同じく明日からは、徳島-阿南間(24.5キロ)に特急列車が2往復増発されます。2往復とも夕方に運転されます。

 2つの列車の狙いは、通勤客。JRは、ローカル線といえども運賃は安く、適切なサービスを出せないところがあります。しかし、追加料金を取ることによって、少々高いですが、従来より高品質のサービスが出せるとも考えられます。この狙いは当たるのでしょうか?
(参考:JR四国ホームページ http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/06-05-19/01.htm)

|

« 教員免許、期間付きに | Main | 「村上ファンド」にインサイダー疑惑? »

鉄道」カテゴリの記事

JR四国」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ワンマン列車で310円?:

« 教員免許、期間付きに | Main | 「村上ファンド」にインサイダー疑惑? »