« ピーチライナーに乗ってきました(1) | Main | 「つばめ」は東京・大阪まで飛べるか? »

ピーチライナーに乗ってきました(2)

 ピーチライナーは、両端の駅でループを通る構造になっている(そのため、乗降用のドアは右側にしかなく、運転席も片方にしかない)。さらに桃花台東では、高蔵寺方面への延伸を想定した設計になっている。しかし、高蔵寺への延長どころか、ピーチライナーそのものが廃止されることとなり、ループはそのまま朽ちていくか、取り壊されるかのどちらかになる。

 桃花台東からピーチライナーに乗ったのはわずか4人。このうち私を含めて少なくても3人は、ピーチライナーに乗ること自体が目的。あと1人も、乗ること自体が目的なのかもしれない。次の桃花台センターで若干乗ったものの、それでも全部で15人程度。夕方に小牧に向かう便なので、もともと乗る人は少ないと思われるが、それでも寂しい。

 外に目をやると、家が立ち並んでいる。普通なら、それなりに使われてもおかしくはなかった鉄道が、あと3ヶ月ほどで消えてしまうのだ。

|

« ピーチライナーに乗ってきました(1) | Main | 「つばめ」は東京・大阪まで飛べるか? »

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。こちらの記事に、トラックバックさせてもらいました。

>桃花台東からピーチライナーに乗ったのはわずか4人。

朝のラッシュ時間以外に乗ったのら、それでも、多いほうですよ。 (^^;

何度か、利用した事があるのですが、「降りたのが私1人だった」なんて、しょっちゅうでしたし・・・。

Posted by: kyu3 | 2006.06.22 at 02:40 AM

 おはようございます。返事が遅くなってしまいました。

* 朝のラッシュ時間以外に乗ったのら、それでも、多いほうですよ。 (^^;

 とは言っても、私を含めてピーチライナーに乗ること自体が目的の人が多いですから(^^; みんな、先頭車に乗っていました。

 廃止日が近づくにつれ、そういう目的の人は増えるでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2006.06.24 at 10:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/10567983

Listed below are links to weblogs that reference ピーチライナーに乗ってきました(2):

» 桃花台線廃止後の提案:高架橋は、できるだけ早く、撤去すべきだ! [桃花台新聞]
この写真は、「桃花台東駅」にある、有名なループです。 ただ私には、どうしてこのような構造物が立てられたのか、とても疑問です。まるで、「断崖絶壁に掛けられた、細い橋」の様です。上の写真から、写真修正ソフトを使って、高架橋をなくして見ました。 眺めが、とても良くなったと思います。 そのうえ、地震等で崩れてくる可能性のある危険な建物がなくなったという、「安心感」も感じます。 これは、「桃花台線のあり方検討会」が出した「提言書(※PDF形式)」の中に記載されていたものです。また、橋脚・桁など... [Read More]

Tracked on 2006.06.22 at 02:35 AM

« ピーチライナーに乗ってきました(1) | Main | 「つばめ」は東京・大阪まで飛べるか? »