« なぜ福留選手が出ているの? | Main | 海で泳いだことのない子供 »

マイレージは誰のもの?

 飛行機は、正規の運賃はかなりしますが(東京-関空・伊丹・神戸間で約2万円)、特定便割引などの割引が充実しています。また、顧客をつなぎとめようと、マイレージも充実していて、飛行機に乗ったときはもちろん、日常の生活の中でもマイルは結構たまります。

 個人的な旅行などでマイルをため、使うのは何ら問題ありません。問題になるのは、出張旅行でマイルをためたケース。このマイルは誰のものでしょうか?

 結論としては、まだ固まっていないようです。会社の金でマイルをため、それを個人で使うのは問題だとも言えますが、会社はマイレージには入ることができないため、今の時点では完全にアウト、とは言い切れないようです。
(参考:〔経理の仕事〕All About http://allabout.co.jp/career/accounting/closeup/CU20060712A/index.htm?FM=ranks、Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060728-00000006-yom-soci)

|

« なぜ福留選手が出ているの? | Main | 海で泳いだことのない子供 »

飛行機、空港」カテゴリの記事

Comments

マイレージは個人と航空会社との契約で、出費者にかかわらず搭乗者に付加されるもので、少なくとも会社はその契約によって損害を被っていないのだから問題ない、ととある弁護士が言っていました。

Posted by: 鷲男 | 2006.07.31 09:36 PM

 鷲男さん、こんばんは。

* マイレージは個人と航空会社との契約で、

 そういう見方もありますね。今のところは、どちらの見方も正しいです。

 ただ、出費者は会社です。そして、運賃にはマイレージで還元する分も含まれています。それから考えると、マイレージは本来会社に帰属すべきものとも言えます。

Posted by: たべちゃん | 2006.08.01 08:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マイレージは誰のもの?:

« なぜ福留選手が出ているの? | Main | 海で泳いだことのない子供 »