« サービスエリアガイド | Main | 赤沢森林鉄道に乗ってきました(2) »

赤沢森林鉄道に乗ってきました(1)

 木曽は、平地が少なく、ほとんどが森林に覆われています。これらの森林からヒノキなどの良質の木材が切り出され、生活に役立ってきました。

 しかし、木材を必要とするのは主として大都市圏です。明治時代までは、木材をそのまま川に流していました。木材を川に流すと、木曽川を通って、名古屋にたどり着くのです。ただ、木材は急流によって傷つきます。しかも、木曽川に水力発電用のダムをつくると、この方法が使えなくなります。

 ちょうどそのとき、木曽路にも鉄道が開通しました。現在のJR中央線です。そこで、駅からさらに山のほうに伸びる森林鉄道が整備されていきました。山々から切り出された木材は、森林鉄道の貨車に載せられて国鉄の駅に行き、そこからは国鉄の鉄道網で全国に運ばれていきます。森林鉄道は、木材のような貨物のみならず、旅客をも運び、地元に貢献してきました。最盛期には、木曽路に400キロ以上の森林鉄道が延びていたようです。

 ところが、時代は鉄道から車に変わっていきました。長く地元の人に愛された森林鉄道も廃止され、木材はトラックによって運ばれることになりました。長野県上松町の森林鉄道も1975年に廃止されました。(続く)

|

« サービスエリアガイド | Main | 赤沢森林鉄道に乗ってきました(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

関東・甲信越」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

Comments

こんばんは~

赤沢美林の事ですか?
私も、去年行って来ました。
紅葉の頃に言ったのでとっても綺麗でしたよ。

トロッコ列車にも乗りました。

Posted by: まるこ姫 | 2006.07.17 at 10:37 PM

 まるこ姫 さん、こんばんは。

* 赤沢美林の事ですか?

 正解です。赤沢美林に行って、トロッコに乗ってきました。

* 紅葉の頃に言ったのでとっても綺麗でしたよ。

 今は緑一色ですが、色とりどりの秋は華やかそうですね。

Posted by: たべちゃん | 2006.07.18 at 09:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/10974618

Listed below are links to weblogs that reference 赤沢森林鉄道に乗ってきました(1):

« サービスエリアガイド | Main | 赤沢森林鉄道に乗ってきました(2) »