« 交通違反保険 | Main | 仕事のなくなった車両は? »

青函連絡船、復活?

 東日本フェリーは、来年8月に青森-函館間を従来の約半分の約1時間45分で結ぶ高速フェリーを運航する予定です。そして、そのうちの一部については、駅から離れたフェリーターミナルに加えて、JR青森駅、函館駅付近にも接岸させる構想があるようです。

 青函トンネルの開通によって、青森-函館間の到達時間は短縮しましたが、特急列車しか運転されないため、どうしても切符代は高くなります(割引切符はありますが)。青函連絡船がなくなってもフェリーはありますが、フェリーターミナルは街中から外れています。

 急ぐ旅ならともかく(あと10年もすれば、新函館まで新幹線が伸びます)、青森-函館間を船で楽しむなら、駅周辺への接岸は便利ですね。
(参考:Web東奥 http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2006/20060923091000.asp)

|

« 交通違反保険 | Main | 仕事のなくなった車両は? »

JR北海道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

こんばんは!

この話題、朝日新聞でも取り上げられていました。
http://www.asahi.com/life/update/0930/013.html

船会社側だけではなく、地元もかなり乗り気なようですね。輸送の安定性からすれば、青函トンネルなのでしょうけど、旅情の豊かさを考えれば、船から近づく北海道を眺める情景も、かなりポイントが高いと思います。

Posted by: HIRO☆:: | 2006.09.30 at 10:50 PM

HIRO☆::さん、おはようございます。

* 旅情の豊かさを考えれば、船から近づく

 青函トンネルが開業したころはまだ中学生だったので、青函連絡船に乗りに行くことができなかったのは、残念です。

 確かに時間はかかりますが、船での旅は、旅情あふれるものでしょうね。

Posted by: たべちゃん | 2006.10.01 at 10:29 AM

 こんばんは。青森と函館の間は今は特急や急行しか走ってないんですよね。かつては快速「海峡」号が走ってましたので、18きっぷのユーザーも廉価で北海道へ渡ることが出来たんですが、今はトンネル区間は特急が利用できるものの、青森と函館の全区間を利用することが出来ないので、不便ですね。

 その東日本フェリーがらみでは、国際興業バスの夜行高速バスとフェリーを組み合わせた割引きっぷが発売されていますね。東京と青森を結ぶ「ブルースター」号を利用するんですが、片道で10,500円とのことで、かなり安い設定になっています。時間は掛かりますが、安く行く向きにはいいかもしれませんね。

http://www.kokusaikogyo.co.jp/kotsu/kousoku/hakodate.htm

Posted by: mattoh | 2006.10.01 at 10:32 PM

 mattohさん、こんばんは。

* こんばんは。青森と函館の間は今は特急や急行しか走ってないんですよね。

 快速がなくなって、特急ばかりになったので、「青春18きっぷユーザー」には厳しいですね。お金を出して特急に乗るか、それともフェリーに乗るかの選択に迫られます。

* その東日本フェリーがらみでは、

 10500円で函館まで行けるとは安いですね。時間は思いっきりかかりますが。

Posted by: たべちゃん | 2006.10.02 at 09:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/12088901

Listed below are links to weblogs that reference 青函連絡船、復活?:

» 早く帰ることは大切ですねぇ。 [funny 一時 serious のち interesting]
珍しく今日は、早く帰れた。 遅いのが当たり前になると、 他の人から見れば遅いのに [Read More]

Tracked on 2006.10.03 at 08:20 PM

« 交通違反保険 | Main | 仕事のなくなった車両は? »