« 青函連絡船、復活? | Main | ローカル線維持は地元の責任 »

仕事のなくなった車両は?

 昨日を以って、16年間運行されたピーチライナーは廃止されました。新交通システムの廃止は前代未聞のことです。

 鉄道が廃止になれば、当然、線路や車両などの施設も不要になります。施設はどうしようもありませんが、車両についてはほかの路線に引き取られるというケースは時々あります。岐阜で走っていた路面電車も、新しい車両は豊橋・福井に移って、古い車両を置き換えています。しかし、ピーチライナーのような新交通システムは、それぞれが独自の規格でつくられているので、ほかの路線で走らせることはできません。

 線路については、バス専用道にするなどの話がありますが、ピーチライナーの軌道をバス専用道にするにはそれなりの費用がかかります。第一、バス専用道にしなければならないような需要があるのなら、廃止になったりしません。

 高架軌道を解体するのにも100億円かかるという現状では(誰がお金を出すのか?)、解体も進まず、崩落などの危険があるまでそのままにされる公算が高いと思われます。
(参考:中日新聞9月29日夕刊 E版)

|

« 青函連絡船、復活? | Main | ローカル線維持は地元の責任 »

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/12106019

Listed below are links to weblogs that reference 仕事のなくなった車両は?:

» 桃花台線の車両について少し書いてみる。 [Simplex's Memo]
今回の記事を書くに当たって色々調べてみたが、桃花台線の車両に関する書籍・雑誌の記事はあまり多いとは言えない。 既に頻出している「桃花台線建設誌」と「鉄道ピクトリアル91年10月増刊号 新車年鑑91年版」ぐらいしか見つからなかった。 それでも、全くないよりマシなので少し書いてみたいと思う。 最終日、人でごった返す桃花台東駅から少し離れた車両基地へ歩く。 そこには出番を待つ「ありがとう列車」が留置されている筈�... [Read More]

Tracked on 2006.10.04 at 08:38 PM

« 青函連絡船、復活? | Main | ローカル線維持は地元の責任 »