« 消えた駅を訪ねて(2) | Main | 消えた駅を訪ねて(4) »

消えた駅を訪ねて(3)

 まだ時間があるので、ちょっと寄り道する。

 吉良町出身で、戦前を中心に活躍した作家の尾﨑士郎がいる。代表作は25年以上にわたって書かれた「人生劇場」。自伝的な要素のある8編の長編だ。旧三河萩原駅近くの図書館に、記念館があるので、ちょっと寄って見ることにする。入口で入館料を払おうとしたが、誰もいなかった。しばらくして、あわてて係員が来て、入館料を払う。ちなみに、記念館の隣には、東京から移築された書斎がそのままの姿で残っている。

 図書館の脇にもうひとつあるのが、旧糟谷邸。木綿問屋などの商売で栄えた家だ。何回も建て増しされているが、一番古いところで、250年近い年月が経っている。昔は、もっとたくさん土蔵があったそうだ。(続く)

|

« 消えた駅を訪ねて(2) | Main | 消えた駅を訪ねて(4) »

名古屋」カテゴリの記事

名鉄」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/13588389

Listed below are links to weblogs that reference 消えた駅を訪ねて(3):

« 消えた駅を訪ねて(2) | Main | 消えた駅を訪ねて(4) »