« IP電話、総務省が新指針策定 | Main | 原発の下に活断層 »

化粧室付きのバス

 松本電鉄は14日から、新宿-松本間の高速バス用に、洗面台付の化粧室を備えたバス3台を投入しました。化粧室を備えたバスは長野県内では初めてのようです(他社では、どこが導入しているのでしょうか?)。化粧室はバスの最後部にあります。価格は1台約4千万円のようです。

 高速バスや夜行バスにはトイレはついていますが、スペースの関係もあり結構狭いです。手を洗うのがやっとというぐらいなので、あまり使いたくはありません。休憩がまったくないか、緊急事態でない限り、サービスエリアのトイレを使います。広々としてきれいなトイレは女性にとってもアピールポイントとなるでしょう。
(参考:信濃毎日新聞ホームページ http://www.shinmai.co.jp/news/20070713/KT070712BSI090011000022.htm)

|

« IP電話、総務省が新指針策定 | Main | 原発の下に活断層 »

バス」カテゴリの記事

Comments

私も広い洗面台付きの化粧室は好きです。
「こがね」(以前の「グラシア」)の2号車のトイレみたいなのが理想ですが、そこまで行かなくてもトイレは広いほうがうれしいです。夜行列車など着替えることがある列車では特に…。

とはいえ鉄道車両の場合、最近は特に車椅子対応でトイレが広くなる傾向がありますね。

バスの場合、揺れるのが難点ですが…。

Posted by: 金蘭千里OB | 2007.07.22 at 12:58 AM

 おはようございます。

* 「こがね」(以前の「グラシア」)の2号車の

 乗ったはずなのですが、記憶にありません。どんなトイレだったかな?

* とはいえ鉄道車両の場合、最近は特に車椅子対応で

 長い編成ならともかく、1両編成なら「もったいない」と思ってしまうほどの広さですね。

Posted by: たべちゃん | 2007.07.22 at 07:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/15826434

Listed below are links to weblogs that reference 化粧室付きのバス:

« IP電話、総務省が新指針策定 | Main | 原発の下に活断層 »