« 「ひこにゃん」と「たま」(4) | Main | ホームページ更新のお知らせ(07年8月18日) »

「ひこにゃん」と「たま」(5)

 和歌山で和歌山電鐵に乗り換え。和歌山電鐵の窓口で1日乗車券(650円)を買い求める。貴志まで往復するだけでも、こちらのほうが安い。

 15:56発の伊太祁曽行きは、先月デビューしたばかりの「おもちゃ電車」。海南市のおもちゃ会社、TJホールディングカンパニーがスポンサーになってつくられたこの電車は、従来の概念を覆すもの。カプセル入りのおもちゃが売られていたり、バラエティーに富んだ椅子があったり、ベビーベッドまであったりする。連結機付近には、フィギュアが飾られていた。やはり親子連れが多い。

 終点の伊太祁曽で降り、次の電車が来るまでの間、駅の窓口に行く。事実上のグッズ売り場だ。和歌山電鐵のグッズを買い求める客がちらほらいる。

 次の電車に乗って、終点の貴志へ。ここの駅長は、猫の「たま」。駅の売店で飼われていた猫だ。売店でコーヒー牛乳を買い、狙い通り写真を撮ることもできた。

 「おもちゃ電車」に乗ったら「いちご電車」にも乗りたい。再び伊太祁曽で降り、17:26発(伊太祁曽始発)の「いちご電車」に乗る。伊太祁曽でデビューした時に見たが、実際に乗るのは初めてだ。デビューした時は奇抜に思えた「いちご電車」だが、「おもちゃ電車」に乗った後なので、おとなしく感じた。

|

« 「ひこにゃん」と「たま」(4) | Main | ホームページ更新のお知らせ(07年8月18日) »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

近畿」カテゴリの記事

Comments

* 海南市のおもちゃ会社、TJホールディングカンパニー

 「TJホールディングカンパニー」の中核会社、「T・J Gros net」は、ここのところ、注文者に商品が届かないなどのトラブルが相次いでいました。実は、15日に和歌山地裁に民事再生法の適用を申請していたのです。

 在庫の確保が必要なため、借入金の残高が多く、それが経営を圧迫していたようです。負債総額は約40億円。
(参考:毎日jp http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20080417ddlk30040753000c.html

Posted by: たべちゃん | 2008.04.17 10:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ひこにゃん」と「たま」(5):

« 「ひこにゃん」と「たま」(4) | Main | ホームページ更新のお知らせ(07年8月18日) »