« ワシントンの地下鉄 | Main | おおさか東線の駅に「みどりの窓口」なし »

車が売れなくなったわけ

 昨年、トヨタが自動車の生産高で世界一になりました。しかし、国内では、車は売れていないのです。昨年の新車販売台数は3年連続で前の年を下回っています。

 車の販売不振の大きな原因は、若者が車を買わなくなっていること。女の子とデートするなら車がないとどうしようもないと思いがちですが、実はそうではなくなっているのです。車は単なる移動手段なのです。人々は、自動車メーカーが作った、車のもたらすバラ色の幻想から眼が覚めたのです。

 車を単なる移動手段と考えたら、見栄を張って高い車を買う必要はありません。軽自動車やコンパクトカーで十分です(個人的にも、車は小さいもので十分だと考えています。乗れることには変わりはないのですから)。そうなると目に付くのが車の高さ。冷静に考えると、タクシーを使ったほうが安いのです。都市部なら、鉄道などの公共交通機関が発達していますから、車がなくても十分生きていられるのです。

 自動車メーカーからすれば頭の痛い話ですが、車が減れば環境にはいいですし、公共交通機関の利用者増にもつながります。全くの悪い話ではないようです。
(参考:朝日新聞2月16日朝刊 「be」)

|

« ワシントンの地下鉄 | Main | おおさか東線の駅に「みどりの窓口」なし »

道路、車」カテゴリの記事

Comments

週末レンタカーっていうのもいいですよね!

月2回1万~2万程度払っても明らかにクルマ所有するより安いかも

Posted by: 杉浦 顕倫 | 2008.02.19 08:17 AM

 杉浦 顕倫さん、こんばんは。

* 週末レンタカーっていうのもいいですよね!

 そういう手もありますね。完全に車なしになるのは難しくても、こういう形ならやりやすいかもしれないですね。

Posted by: たべちゃん | 2008.02.20 10:38 PM

こんばんは

若者の車離れは顕著だと言います。
昔なら、車を持つという事はステータスでしたが、
今では意識が変わってきたのかもしれません。
それに都会にいれば、車はかえってお荷物ですね。

これからもどんどん道路を作り続けると言います。
世の流れが分かっているのか、分からない振りを
しているのか、日本の方向はどちらへ進んでいくのでしょうか?

Posted by: まるこ姫 | 2008.02.23 09:06 PM

 まるこ姫さん、こんばんは。

* 若者の車離れは顕著だと言います。

 これまで、大人になったら免許を取り、東京や関西という大都市圏でない限り、車を買うものだと思っていたのですが、どうやらそうではないようです。

* これからもどんどん道路を作り続けると言います。

 ところが、ユーザーのほうは、道路の整備度合に対して一定の満足を示しています。

 道路整備にブレーキをかけてもいいころでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2008.02.23 11:23 PM

福井では車ないと人間扱いしてもらえないよ?
君達w

Posted by: 大福井人 | 2009.09.08 12:23 PM

 大福井人さん、おはようございます。

* 福井では車ないと人間扱いしてもらえないよ?

 各家の玄関まで公共交通機関を整備することは不可能なので、(大都市でない限り)今後も車は必要になるでしょうが、車での移動量を減らすようにする(公共交通機関に誘導させる)必要がありますね。

Posted by: たべちゃん | 2009.09.09 05:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 車が売れなくなったわけ:

» なかなか、記事のほうが追いつきません… [funny 一時 serious のち interesting]
関心の幅がいろいろあるから、とうこともあるが、 Webニュースについて、書きたく [Read More]

Tracked on 2008.02.20 10:23 PM

« ワシントンの地下鉄 | Main | おおさか東線の駅に「みどりの窓口」なし »