« 台湾の新幹線に乗る(前編)(台湾旅行記(11)) | Main | 「トウキョウメトロポリタン・イバラキエアポート」 »

台湾の新幹線に乗る(後編)(台湾旅行記(12))

 在来線と同様、台湾高鐵も板橋までは地下を走る。板橋でも乗車があり、わずかながら立っている人もいる。

 板橋を出てしばらくして列車は地上に出たが、すぐにまたトンネルに入る。山があるため、トンネルが連続する。いくつかのトンネルを抜け、平地に出たと思ったら、早くも減速して高鐵桃園へ。時速300キロ運転は結局味わえずじまい。たった22分の短い新幹線の旅だった。

 高鐵桃園は、各停便のみが停車する駅。東海道・山陽新幹線の「こだま」停車駅のように、中央に通過線がある構造だが、通過線は壁にさえぎられて見えない。

 駅舎は地上にある。駅の周りには何もない。高鐵の駅は、台北などの一部を除いて街外れにあるため、市の中心部とを結ぶ無料の連絡バスを走らせている。高鐵桃園もそのひとつで、空港行きのバスのほかに、中心部へ行く連絡バスが走っている。連絡バスの案内は、新幹線の座席にも用意されている。

|

« 台湾の新幹線に乗る(前編)(台湾旅行記(11)) | Main | 「トウキョウメトロポリタン・イバラキエアポート」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

Comments

 こんばんは。本文では書けなかった車内販売について補足します。

 高鐵にも車内販売はありますが、弁当の販売は昼、夕の決まった便のみのようです。

Posted by: たべちゃん | 2008.06.09 11:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 台湾の新幹線に乗る(後編)(台湾旅行記(12)):

« 台湾の新幹線に乗る(前編)(台湾旅行記(11)) | Main | 「トウキョウメトロポリタン・イバラキエアポート」 »