« 防災グッズが売れたわけ | Main | 新潟駅も「新八代方式」 »

「チャンスを逃すと点を取られる」のは本当か?

 よく野球では、せっかくのチャンスに得点でないと逆に打たれてしまうとか、大量得点をした次の試合は打てないとか言われます。本当にこれは真実でしょうか? 名大の加藤教授(金融経済学)が2005年のプロ野球公式戦全試合(846試合)を分析しました。

 その結果、ランナーが得点圏に進んだのに得点できなかった場合でも、そうでない場合と比べて、直後の守りで失点する確率は変わりません。チャンスで得点できなかったときの失点する確率は26.4%、平均失点は0.492点、そうでないときはそれぞれ26.4%、0.495点です。

 また、10点以上得点した試合(145試合)の次の試合の平均得点は4.87点で、全体の平均の4.43点を上回っていました。

 このほかにも、加藤教授は、ノーアウト満塁のときの得点の確率(約16%は得点できません)や、7回裏の得点の確率(意外と低い)についても調べています。

 加藤教授は、この分析結果を本に出しているようです(『野球人の錯覚』)。このように、実際にデータを分析すると、おもしろい結果が見えてきますね。意外な発見もあることでしょう。
(参考:asahi.com http://www.asahi.com/national/update/0924/TKY200809240327.html)

|

« 防災グッズが売れたわけ | Main | 新潟駅も「新八代方式」 »

スポーツ」カテゴリの記事

プロ野球(阪神以外)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「チャンスを逃すと点を取られる」のは本当か?:

» 「野球人の錯覚」読書感想文がらみで、昨日の観戦記の続きみたいなものも [阪神タイガース世界一への道~野球狂あさちゃん。]
加藤英明/山崎尚志「野球人の錯覚」(東洋経済) 「四球は安打より悪い」「これで流れが変わりました」「延長戦は後攻が有利」・・。プロ野球解説者の言う通説やジンクスは本当か? 野球人が陥りやすい錯覚をデータで分析。 ■目次 第1章:人間は誰でも錯覚する 「野球の..... [Read More]

Tracked on 2008.09.29 08:19 AM

« 防災グッズが売れたわけ | Main | 新潟駅も「新八代方式」 »