« 「ムーンライトながら」の前に臨時列車 | Main | 雨のおかげでしのいだが »

夜行列車「山陰」復活?

 今日も昨日に引き続いて、秋の臨時列車の話。今日は、JR西日本です。

 先日、「ムーンライトながら」の臨時列車化を検討しているニュースがありましたが(2日のblogで取り上げています)、かつては寝台車付きの夜行普通列車というものがありました。比較的遅くまで残っていたのは、「山陰」(京都-出雲市間)や「はやたま」(天王寺-新宮間)です。そのうち、1985年まで走っていた、最後の寝台車付き普通列車、「山陰」が1回だけですが、山陰線(安来-松江間)開業100周年を記念して、復活することになりました。

 なぜか急行で復活する「だんだん山陰」の運転日は、松江行きが11月7日(松江着8日)、京都行きが9日です。14系客車4両で運転され、松江行きが夜行、京都行きが昼行となります。国鉄時代なら特急に使えそうなシートで、しかも寝台車がないので、国鉄時代の「山陰」とはかなり異なりますが、今となっては夜行自体が貴重な存在ですね。
(参考:JR西日本ホームページ http://www.westjr.co.jp/ICSFiles/afieldfile/2008/08/22/20080822_sanin01.pdf)

|

« 「ムーンライトながら」の前に臨時列車 | Main | 雨のおかげでしのいだが »

JR西日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

個人的にはスハネフ14あたりを1両だけポツーンとつけたら面白いなと思うのですが、もう外国に譲渡されてしまった後なのかな?
あとはリネン類がネックなのかなという気がします。
(ゴロンとシートでもいいから…)

Posted by: うえしょう | 2008.09.05 at 01:31 AM

 うえしょうさん、おはようございます。

* 個人的にはスハネフ14あたりを

 すでに廃車か売却している可能性はありますが、他社から借りてでもつなげば、面白かったですね。もともと、寝台車付きの列車だったのですから。

Posted by: たべちゃん | 2008.09.05 at 05:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/42283996

Listed below are links to weblogs that reference 夜行列車「山陰」復活?:

» JR西日本、秋の臨時列車の運転予定を発表 [阪和線の沿線から]
JR西日本より、秋の臨時列車の運転計画が発表されました。 平成20年度【秋】の臨時列車の運転について(JR西日本プレスリリース) 今回の臨時列車では、特に珍しい列車が何本かラインナップされていますので、それを中心に紹介します。 ●急行「だんだん山陰号」 ....... [Read More]

Tracked on 2008.09.04 at 09:24 PM

« 「ムーンライトながら」の前に臨時列車 | Main | 雨のおかげでしのいだが »