« 「敦賀新幹線」なら価値がないのは当たり前 | Main | 近鉄新型特急は温水洗浄便座つき »

豊橋までの往復がたったの2200円

 名古屋-豊橋間を格安で往復することができる、「名古屋往復きっぷ」「豊橋往復きっぷ」。片道運賃が1280円のこの区間を、休日なら1500円で往復することができる割引きっぷです。往復新幹線に乗っても2500円です。

 しかも、往復新幹線を使うタイプの「新幹線名古屋往復きっぷ」「新幹線豊橋往復きっぷ」(名古屋市内-豊橋~豊川・二川間)は、年末年始(12月13日~1月12日の休日と12月31日~1月3日)に限り、2200円に値下げされます。これに伴い、「往復きっぷ専用新幹線変更券」も500円から350円(名鉄のミューチケットと同額です)に値下げされます。名古屋-豊橋間の新幹線自由席片道運賃・料金は2230円なので、片道より安い往復切符となります。

 JRが圧勝の岐阜方面とは違い(名鉄は白旗を上げ、年末のダイヤ改正で昼以降の特急を新木曽川・笠松に停めることによって細かく乗客を集めます)、豊橋方面はJRと名鉄が激しく争っています。それにしても、片道より安い往復切符は驚きですね。
(参考:JR東海ホームページ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000003790.pdf)

|

« 「敦賀新幹線」なら価値がないのは当たり前 | Main | 近鉄新型特急は温水洗浄便座つき »

JR東海」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

確かに名古屋―豊橋間は安いですね。

これと小田急と近鉄の株主優待券、休日乗り放題切符と組み合わせるだけで、在来線利用ならなんばから新宿まで約5000円ちょっとで行けてしまいます。

岐阜方面から豊橋までだと名鉄の株主優待券が得なのですが、中部空港ができてから株主優待券の相場が上がってますね(名駅-空港間の利用が増えたのか、その普通運賃程度の価格になってますね)。

Posted by: うえしょう | 2008.12.10 at 12:00 AM

 うえしょう さん、こんばんは。

* これと小田急と近鉄の株主優待券、

 ただJRの「豊橋往復きっぷ」は、発売当日限り有効です。東京-大阪間を日帰りで往復するのは不可能なので、名鉄の「なごや特割2土休日」にしたほうがよいでしょう。名鉄は2枚つづりの回数券です。

 ただ、いろいろ切符を駆使して約5350円(近鉄・小田急の株優はそれぞれ1400円、600円としました)で約10時間30分の長旅。もう少しお金を出して「東海道昼特急大阪号」に乗ったほうが楽かな?

* 岐阜方面から豊橋までだと名鉄の株主優待券が

 名古屋から中部空港へは、平日ならプリペイドカード、休日なら金券ショップで売られている回数券のバラ売りのほうがお得なようです。

Posted by: たべちゃん | 2008.12.10 at 11:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/43372442

Listed below are links to weblogs that reference 豊橋までの往復がたったの2200円:

» 年末年始の豊橋往復はさらに割引 [がんばりません]
JR東海のホームページ(#PDFです)によると、この年末年始の土休日は、名古屋・豊橋間の往復利用がさらに割引となるとのことです。在来線用往復きっぷの、新幹線変更券も併せて割引かれます。 12月13日(... [Read More]

Tracked on 2008.12.15 at 07:50 PM

« 「敦賀新幹線」なら価値がないのは当たり前 | Main | 近鉄新型特急は温水洗浄便座つき »