« 21分間隔は使いにくい | Main | 宗教法人がラブホテルを経営? »

堺のLRTも幻に終わってしまうのか?

 以前にも取り上げましたが(記事はここ)、沿線住民との合意づくりが難航している堺のLRT事業。6日に沿線の市<いち>小学校区での住民説明会が行われましたが、ここでも反対意見ばかりでした。

 それを受けてLRT建設を担当している松井市長補佐官は、2011年春の開業を予定していた堺-堺東間の開業時期を延期することにしました。新たな開業目標時期は未定です。場合によっては、シャープの工場へのアクセスとなる堺駅以西を先に着工したり(この場合、全く新しいものをつくるので、LRTのモデルケースになるものをつくることができます。しかし、阪堺線とは接続しないので、新たな検査施設の問題が出てきます)、批判の多かった一方通行を見直ししたり(歩道を削減? 単線で建設? 大小路以外を経由?)する可能性があるようです。

 LRTの建設計画は、堺のほかにも宇都宮・富山などでありますが、富山を除いてはうまくいっていないのが現状です。堺のLRTも幻に終わってしまうのでしょうか? それどころか、廃止への「執行猶予」状態にある阪堺線も廃止され、一挙に路面電車のない街になってしまうのでしょうか?

 国内では路面電車とは昔懐かしい、時代遅れの乗りものであるというイメージが定着していますが、欧米では各地に新型のLRTが出現しています。しかも、それもすんなりと着工が決まったわけではないようです。住民への説明に苦労したところもあったようです。しかし、開業後の評判は上々。堺もそのようにうまくいき、LRTが機能する街になってもらいたいものです。
(参考:産経関西ホームページ http://www.sankei-kansai.com/2009/06/07/20090607-010792.php)

|

« 21分間隔は使いにくい | Main | 宗教法人がラブホテルを経営? »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

Comments

堺でLRTへの関心がいまひとつ薄いのは、政令都市でありながら、大阪市のベッドタウンとしての意識しかないということでしょう。

行政側も、政令都市になったというしょうもない見栄だけで進めれば、支持は得られないでしょう。

いっそのこと、大阪市は周辺都市と大合併して、大「大阪市」にすればどうですか。
堺市も大阪市の1区に過ぎなくなるから、LRTなんて話もなくなる。

Posted by: かにうさぎ | 2009.06.20 09:15 PM

 かにうさぎさん、おはようございます。

* 堺でLRTへの関心がいまひとつ薄いのは、

 堺にはベッドタウンの側面もありますし、大阪南部の拠点都市という面もあります。単純に人口が多いだけの衛星都市ではありません。

 LRTの反対する人の理由は、費用の問題と自動車交通が不便になることでしょう。

* 行政側も、政令都市になったというしょうもない

 「見栄」でつくるなら、地下鉄や新交通システムになります。LRTは、堺の規模にあった交通機関といえるでしょう。中都市クラスです。

* いっそのこと、大阪市は周辺都市と大合併して、

 大阪市は狭すぎるので、合併するのも一つの方策でしょうね。

 堺は合併されるには大きすぎるので、まずありえないでしょうが、もし万が一合併されたら、条件として地下鉄の延長を要求できるかな?

Posted by: たべちゃん | 2009.06.22 05:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 堺のLRTも幻に終わってしまうのか?:

« 21分間隔は使いにくい | Main | 宗教法人がラブホテルを経営? »