« やまぎんレトロラインに乗ってきました(6) | Main | やまぎんレトロラインに乗ってきました(8) »

やまぎんレトロラインに乗ってきました(7)

 次の列車まで1時間半ほどある。駅前のレンタサイクルで自転車を借りて、散策へ。まず最初に訪れたのが咸宜園<かんぎえん>。広瀬淡窓<ひろせたんそう>が江戸時代末期に開いた私塾だ。全国から優秀な若者が集まり、約80年の開塾期間中に、全国に68か国あるうちの66か国から約4800人もの人が集まったという。主な塾生には、蘭学者の高野長英、陸軍の基礎をつくった大村益次郎がいる。

 咸宜園は駅と豆田町の間のところにある。広瀬淡窓に因んで「淡窓二丁目」だ。さらに自転車を進め、豆田町に行く。途中からは昔の街並み風に整備されている。日田はもともと天領だったところ。幕府の九州における拠点だったようだ。そのため、商業も大いに栄えていた。日田の商人は、日田に集まった九州の物産を船で上方に送り、帰りに積んだ綿などを販売することにより利益を上げていた。日田の商人の中で最も有力なものは、「掛屋」に選ばれた。広瀬家は、久兵衛(淡窓の弟)とその子の二代にわたり、掛屋に選ばれた。掛屋は、幕府や藩の公金の管理を行うのを業としている。九州の藩にお金を貸し付け、その利子で稼ぐこともできた。

 豆田町からの帰り、どこからか鰻のにおいがしてくる。今日(19日)は土用の丑の日、ちょうどいい。はじめて聞いたが、日田も鰻で有名なところのようだ。うなぎまぶし弁当を買い求める。これは次の列車の中で食べることにしよう。

 さて、余談だが、特急が1日に6往復しかなく、列車で行くには不便な日田。でも、福岡からの高速バスは頻繁にあり、1時間に2~3本ある。バスは駅前のバスセンターに発着する。(続く)

|

« やまぎんレトロラインに乗ってきました(6) | Main | やまぎんレトロラインに乗ってきました(8) »

旅行・地域」カテゴリの記事

九州・沖縄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference やまぎんレトロラインに乗ってきました(7):

« やまぎんレトロラインに乗ってきました(6) | Main | やまぎんレトロラインに乗ってきました(8) »