« やまぎんレトロラインに乗ってきました(9) | Main | やまぎんレトロラインに乗ってきました(11) »

やまぎんレトロラインに乗ってきました(10)

 関門海峡めかりからは、「めかり絶景バス」に乗る。運行している会社は西鉄バス北九州。ICカード(「nimoca」)での利用もできる。

 バスは海沿いの道をしばらく走っていたが、山のほうに曲がると、そこは急坂の連続。一気に山を登っていく。いくつかの停留所を過ぎ、めかり第二展望台で10分間の停車。ここから関門海峡を眺めることができる。

 バスは出発地の関門海峡めかりに戻った。せっかくだから、徒歩で関門海峡を渡ることにする。国道の関門トンネルには、車道のほかに、歩行者や自転車が使う人道も整備されている。和布刈<めかり>神社に近い入口から、エレベーターに乗って地中奥深くまで行く。その深さ、約60メートルだ。トンネルの長さは780メートル。楽々と歩いていける距離。これぐらいなら、泳いで渡ることも出来そうな気もするが、潮の流れが速いため、それは難しいらしい。

 本州側に着く。帰りは唐戸から船に乗るので、御裳川<みもすそがわ>からバスに乗る。下関行きのバスは頻繁に出ているが、パターンは全くない。2、3分で続けてくるときもあれば、15分ぐらい全く来ないときもある。どうやら今回は後者のようだ。(続く)

|

« やまぎんレトロラインに乗ってきました(9) | Main | やまぎんレトロラインに乗ってきました(11) »

旅行・地域」カテゴリの記事

九州・沖縄」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference やまぎんレトロラインに乗ってきました(10):

« やまぎんレトロラインに乗ってきました(9) | Main | やまぎんレトロラインに乗ってきました(11) »