« リニア、「南アルプスルート」でつくったほうが明らかに有利 | Main | 天王寺駅前-浜寺駅前間直通路面電車に乗ってきました »

北陸新幹線敦賀以西、9月に測量調査開始

 未だに敦賀以西のルートが定まらない北陸新幹線。大阪までのルートは、小浜市付近を経由する「若狭ルート」、湖西線沿いに走る「湖西ルート」、米原で東海道新幹線に接続する「米原ルート」がありますが、それぞれ一長一短があります。

 しかし、このままでは、北陸新幹線は東京と北陸だけにしか縁のない、単なるローカル新幹線です。東京方面は新幹線の開業により便利になりますが、大阪・名古屋方面は新幹線の開業により不便になってしまいます。そこで、鉄道建設・運輸施設支援機構は、9月から想定される3ルートについて、測量調査を始めることにしました。来年3月までに航空写真を撮影し、精密な地形図を作製します。この地形図は、各ルートの建設費や、所要時間を算出するときの資料となります。

 早くルートを確定させ、北陸新幹線を単なるローカル新幹線から、幹となる新幹線のひとつに格上げする必要がありますね。今のままなら、北陸新幹線は長野止まりでも一向に問題がありません。
(参考:47NEWS http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009072401000804.html)

|

« リニア、「南アルプスルート」でつくったほうが明らかに有利 | Main | 天王寺駅前-浜寺駅前間直通路面電車に乗ってきました »

鉄道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。

そうですか、ようやくやりますか。

私としては、もし作るとすれば米原方面に延伸して、東海道新幹線の線路とジャンクションを構成して関西方面だけでなく名古屋方面ともスルー運転出来るようにするのが無難だと思います。ただそうなるとリニアの絡みがどうするんだという問題が出てきそうですが。
湖西ルートは物理的なスペース不足(湖西線の線路を乗っ取らない限り(笑)本当に土地がありません)、琵琶湖西岸断層、比良山系からの風、自然保護の問題と課題だらけです。

Posted by: Kinoppi☆ | 2009.08.09 05:51 AM

 Kinoppi☆さん、おはようございます。

* 私としては、もし作るとすれば米原方面に延伸して、

 名古屋-北陸間直通は、1時間に1本なので、米原駅の改良(上りの通過線とホームをそっくり入れ替え、上下の本線の間に上りホームを入れます)ができれば、現状と同じスイッチバック方式でかまわないと思います。

 そうなると、敦賀以西の開業は、リニアとリンクすることになりますね。詰めれば現状でも何とかなるかもしれないですが。

* 湖西ルートは物理的なスペース不足

 湖西ルートはフリーゲージトレインを念頭においている可能性がありますが、実現が怪しい状況では避けたほうがいいでしょうね。フル規格としても、名古屋への直通が難しい上に、「米原ルート」と同じように東海道新幹線への乗り入れが発生します。中途半端です。

Posted by: たべちゃん | 2009.08.09 06:32 AM

北陸線は、東京方面より大阪行特急の方が本数も多いのに、なぜ東京方面が先になったのか、理解に苦しむところではあります。

大阪-金沢で2時間40分程度、湖西線にスーパー特急を走らせれば、新幹線と遜色ないスピードで走れるから、余り必要がないと思われていたのか。

Posted by: かにうさぎ | 2009.08.09 10:15 AM

 かにうさぎさん、おはようございます。

* 北陸線は、東京方面より大阪行特急の

 東京方面には航空機というライバルがいますが、関西方面にはそれがありません。それが大きいのではないでしょうか?

 ただ、それだからと言って東京方面だけをつくるのでは、北陸新幹線の価値を自ら下げるだけです。東も西もできてこその北陸新幹線です。

Posted by: たべちゃん | 2009.08.11 04:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北陸新幹線敦賀以西、9月に測量調査開始:

« リニア、「南アルプスルート」でつくったほうが明らかに有利 | Main | 天王寺駅前-浜寺駅前間直通路面電車に乗ってきました »