« 年末は「1000円乗り放題」なし | Main | 暫定税率廃止と「環境税」の創設はセット商品 »

名松線の部分バス化はやむを得ず

 2年ぶりに日本に上陸した台風18号。この台風は、松阪と伊勢奥津とを結ぶJR名松線に大きな被害を与えました。松阪-家城間は被害が小さかったこともあり、1週間ほどで復旧しましたが、家城以遠の被害状況はかなりのものでした。そこでJR東海は、家城-伊勢奥津間の鉄道での復旧をあきらめ、今後もバスによる運行を続ける方針です。

 もともと名松線は、松阪と名張とを結ぶ目的で建設された路線でした。しかし、建設途中の1930年に、大阪と伊勢とを結ぶ参宮急行電鉄(今の近鉄大阪線・山田線の一部)が開通。最新鋭の電車が名張と松阪とを通りました。こうなると名松線の建設の意義を失います。結局、名松線は伊勢奥津で止まってしまい、名張まで全線開通することはありませんでした(伊勢奥津-名張間は三重交通のバスが運行)。

 国鉄末期には大きなピンチがありました。輸送量が極めて少ないため、廃止の対象になりましたが、並行する道路が整備されてなかったことから廃止をまぬがれました。しかし、1日5.5往復運転される家城-伊勢奥津間の代行バスが、鉄道とほとんど変わらない時間(便によっては、鉄道よりも速いものもあり)で走ることを考えれば、JRになってからの20年間で道路が整備されたということになります。「並行する道路がないから鉄道を残さないといけない」という理屈は成り立たなくなったのです(このような区間は名松線だけではありません。ほかのローカル線にも見られます)。名松線家城以遠は、地形が厳しいこともあり、安全を確保するため、急カーブや急勾配ではスピードを落とし、1時間に20ミリの雨で運転を見合わせていました。幹線ならちゃんと整備をするのですが、その必要性がなかった区間でした。多額の費用をかけて復旧したとしても、また同じように被害にあう可能性があり、復旧するだけの効果がありません。

 名松線の利用者は減り続けています。JRになってからの20年余りで、名松線全区間では約60%減りました(1日当たりの各駅の乗車人員の計は700人)。特に家城以遠の落ち込みは大きく、約80%減っています(1日当たりの各駅の乗車人員の計は90人)。細かく見ると、JR発足後10年ほどは、名松線全区間も家城以遠も同じように減り、利用者は1987年に比べてほぼ半減しました。しかし、ここ10年は、全区間でみるとほぼ横ばいであるのに対して、家城以遠はまた半減しています。バスで輸送できることは明らかです。わざわざ大金をかけて復旧させる価値はないでしょう。バスでも運賃水準が変わらない以上、赤字でしょうが、それでも復旧にお金を投じる必要がないだけ安上がりだと思われます。維持費も減ると思われます。

 鉄道での運行を止める家城以遠も、運賃は現状のものが維持されます。鉄道車両が来ないとはいえ、JR東海の一路線でありますので、正式には「廃止」に当たらないとも考えられます。名松線の厳しい現状を考えると、部分バス化はやむを得ない状況でしょう。正式に廃止され、JRから切り離され、運賃が値上げされるよりかは良いと思ったほうがよいでしょう。冷静に考えると、このようなローカル線の部分バス化に反対することはできません。
(参考:JR東海ホームページ http://jr-central.co.jp/news/release/nws000410.html、「全国鉄道事情大研究 名古屋都心部・三重篇」 川島令三著 草思社)

|

« 年末は「1000円乗り放題」なし | Main | 暫定税率廃止と「環境税」の創設はセット商品 »

JR東海」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

鉄道の役目を終えているから、部分廃止は止むを得ない。
将来的に名松線は廃止になるでしょう。

Posted by: パノラマハイパー | 2009.10.30 at 08:42 PM

 パノラマハイパーさん、こんにちは。

* 鉄道の役目を終えているから、

 もうすでに廃止になってもおかしくないのに、よく持ったというのが正直なところですね。

Posted by: たべちゃん | 2009.10.31 at 03:29 PM

 今日の地元テレビ局の地方ニュースで、名松線沿線住民が廃線反対の狼煙をあげたと報道していました。
 名松線が、当初の予定通り名張、桜井へ敷設され、桜井で桜井線と接続していたら、関西と神都伊勢を結ぶ幹線になっていたかも…………………………………。
 勿論、名松線が、参急が建設した大阪線より先に建設されていたらの話ですが。
 JR東海は、名松線にこれ以上の投資をしても、元を取れないと判断したのでしょう。
 地元の人々と地元自治体が、これからどう動くか?

Posted by: パノラマハイパー | 2009.11.02 at 08:42 PM

 パノラマハイパーさん、おはようございます。

* 名松線が、当初の予定通り名張、桜井へ敷設され、

 ただ、残念ながら参宮急行とは規格が違いすぎますね。参宮急行は、最初から電車による高速走行を目指していたのですから。

* 地元の人々と地元自治体が、これからどう動くか?

 「残せ」というだけでは何も解決しないですね。使命を失った(もともとなかった?)ローカル線ですから。

Posted by: たべちゃん | 2009.11.04 at 05:01 AM

採算だけで語るべきではないとは思いますが、さすがに(輸送量・所要時間的に)バスで十分な状況では転換も止む無しでしょう。
復旧させたところで乗客減は続く上、民主党の車優遇政策では明るい材料が全くないですし。

Posted by: juggernaut | 2009.11.28 at 11:02 PM

 juggernaut さん、おはようございます。

* さすがに(輸送量・所要時間的に)バスで十分な状況では

 むしろ、ここまでよく持ってきたほうです。財政にゆとりのあるJR東海だからできたのでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2009.12.01 at 05:20 AM

こんにちは。

ちょっと昔の話ですが、
この方のブログに興味深いことが書いてあります。
http://blog.livedoor.jp/mieken1876418/archives/51330110.html

以前から思っているのですが、このJR東海という企業は物事の進め方がキレイではありませんな(笑)

Posted by: Kinoppi☆ | 2009.12.12 at 10:58 AM

 Kinoppi☆さん、こんばんは。

* ちょっと昔の話ですが、

 三重県関係者の話はともかく、そもそも利用者が極端に少ないのに、なぜ復旧させる必要があるのか、という疑問が先に立ちますね。しかもJRの金で。

 JRのローカル線の中には、(少々の赤字でも容認できる)第三セクターよりも利用者が少ないところもあります。誰がやっても経営できないレベルなのに、地元が支えようともせず、要求ばかりしています。分割民営化から20年、廃止の方法についても検討する必要があるでしょう。

* 以前から思っているのですが、このJR東海という企業は

 東海道新幹線という、身の丈に合わないものを分け与えたからでしょうか?

Posted by: たべちゃん | 2009.12.12 at 05:19 PM

JR東海が復旧しない腹積りなら名松線を伊勢鉄道に売却するなりすれば良いかと。
実はJRの三重県路線は、草津線以外赤字なんですよ。関西本線(東側)は列車増発しているから数年先には黒字になるかも知れません。紀勢本線(東側)と参宮線をあっさりと切ってしまいかねないでしょうし、関西本線(山側)とて、見切りつけられそうな予感もします。
ただ、雲出川に沿った名松線の路線は行政が「次に豪雨で洗堀が進めば路盤崩壊も起こりえる。このままの状態で放置されれば河川管理上好ましくない。線路を直そうが直すまいが洗堀部分を直すように。」と申し渡せば赤字になろうが直さないと下流区域にまで被害が及ぶ恐れがあります。
直さなかった場合、二次被害になれば賠償訴訟に発展するかも知れません。

Posted by: 名無氏之助 | 2010.05.20 at 04:54 PM

 名無氏之助さん、おはようございます。

* JR東海が復旧しない腹積りなら

 伊勢鉄道にとっては迷惑は話ですね。そもそも、名松線が鉄道として適切な路線でないのが問題なのです。

* 実はJRの三重県路線は、草津線以外赤字なんですよ。

 参考にした資料では草津線も若干の赤字ですが、三重県内では一番数字がいいですね。

 草津線や関西線亀山以東は分割民営化後、順調に利用者を伸ばしていますが、紀勢東線や参宮線は厳しい数字ですね。名松線にてこ入れするなら、これらの路線をてこ入れしたほうがよいでしょう。

* ただ、雲出川に沿った名松線の路線は

 こうなったら泥沼ですね。

 しかし、地元はこれまで非常に安い運賃で恩恵を受けてきました。そのことを忘れてはいけないですね。

 コメントもかなり増えてきましたので、今日の23:59で締め切りとさせていただきます。ご了承ください。
(参考:週刊東洋経済 2010年4月3日号)

Posted by: たべちゃん | 2010.05.21 at 05:31 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/46617487

Listed below are links to weblogs that reference 名松線の部分バス化はやむを得ず:

» 名松線一部廃止へ [mattoh]
 JR名松線の末端区間である家城と伊勢奥津間について、廃止の意向を固めていること [Read More]

Tracked on 2009.11.03 at 10:44 PM

» JR東海、JR名松線の家城〜伊勢奥津間廃止へ [kqtrain.net(京浜急行)]
 名松線の今後の輸送計画について|ニュースリリース - JR東海 Central Japan Railway Company [Read More]

Tracked on 2010.05.22 at 10:54 AM

« 年末は「1000円乗り放題」なし | Main | 暫定税率廃止と「環境税」の創設はセット商品 »