« 東海北陸道と「セントラム」とキハ52とキハ58と(2) | Main | 東海北陸道と「セントラム」とキハ52とキハ58と(4) »

東海北陸道と「セントラム」とキハ52とキハ58と(3)

 高岡からは413系(3両編成)で富山へ。高岡12:50発のこの電車は、ところどころで立っている人も見られた。20分弱で到着した富山では、新幹線開業に合わせて駅高架化の工事が行われている。かなり大掛かりな工事のようだ。これに対して、新幹線が来ない高岡では、橋上駅舎建設の工事が行われている。

 富山では23日に開業したばかり(ただし、23日はセレモニーのみ)の「セントラム」に乗る。丸の内と西町の間、約940メートルが新しい区間だ。この新しい区間は、地元富山市が線路などの施設や車両を保有し、富山地鉄が運営している。いわゆる上下分離だ。「セントラム」は環状線を走る新しい路面電車の車両の愛称。町の真ん中の路面電車、という意味なのだろう。

 駅前の路面電車乗り場に行くと、人があふれている。「セントラム」の試乗に来た人たちだ。鉄道ファンよりも家族連れが目立っている。日中は10分間隔で運転されているようだが、しばらくすると電車が来た。2両編成の低床車で、座席はボックスシート主体。富山ライトレールの車両に似ている。北陸新幹線開業とそれに伴う高架化後、直通運転できるように、規格をあわせたのだろう。この新型車両は、富山地鉄ではなく富山市が所有しているため、環状線専用で使われている。従来からある路面電車は、前からある車両が使われる。それほど古くはないものもあれば、かなり古いものもある。

 「セントラム」は反時計回りしかない。丸の内までは既存の線路をたどり、そこから新しい区間に入る。途中にできた停留所はいずれも同じデザインで統一され、屋根もついている。富山駅前など他の停留所も改良してもらいたいところだ(丸の内など、改良工事が行われている停留所もあるが)。西町(停留所の位置の関係で、「セントラム」は停まらない)で既存の線路に合流し、全国鉄軌道の「完乗」を再達成。途中乗り降りがあったが、混雑したまま20分ほどで富山駅前まで戻る。なぜか2台後には、次の「セントラム」の車両が来ていた。(続く)

|

« 東海北陸道と「セントラム」とキハ52とキハ58と(2) | Main | 東海北陸道と「セントラム」とキハ52とキハ58と(4) »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

Comments

 たべちゃんさんへ:
 富山市は、ライトレールに関しては、先見の明が有りますね。

Posted by: パノラマハイパー | 2010.01.03 11:25 AM

 パノラマハイパーさん、こんにちは。

* 富山市は、ライトレールに関しては、

 うらやましい限りです。

Posted by: たべちゃん | 2010.01.03 04:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東海北陸道と「セントラム」とキハ52とキハ58と(3):

« 東海北陸道と「セントラム」とキハ52とキハ58と(2) | Main | 東海北陸道と「セントラム」とキハ52とキハ58と(4) »