« 東海北陸道と「セントラム」とキハ52とキハ58と(3) | Main | 東海北陸道と「セントラム」とキハ52とキハ58と(5) »

東海北陸道と「セントラム」とキハ52とキハ58と(4)

 次の富山15:05発の直江津行きまで時間があるので、LRTの「先輩」にあたる富山ライトレールに乗る。富山駅北から富山ライトレール沿いに歩く。インテック本社前を過ぎると、複線化計画のある区間に入る。道路が拡幅してから複線にするのだ。複線化にするための準備はすでに行われている。富山駅北からの便が少し遅れたためか、奥田中学校前で交換待ちのために待っていた便(奥田中学校前14:35発)に乗ることができた。

 直江津行きは419系の3両編成。寝台車の583系を近郊型に改造した珍車として知られている。国鉄末期に数年持てばいいということで、大きな手を加えずに改造されたが、それから25年、本来の583系時代よりも長い年月が過ぎてしまった。座ればボックスシートとは言えども元特急車だけに快適だが、ドアが元の583系のままの狭いものなので乗降に時間がかかり、旅行者はともかく、地元の利用者の評判はあまり良くない。しかし、どうにもならないローカル線を抱えるJR西日本の財政事情は厳しく、新車に置き換える予算がない(どうしても数少ない予算は特急やアーバンネットワークに振り向けられる)ことから、そのまま走り続けてきた。ところが、521系がこの3月のダイヤ改正で増備されることから、419系が置き換えられる可能性は高いであろう。公式なアナウンスはまだないので、すぐに消えるわけではないが、早めに乗っておいたほうが良い。

 「サンダーバード19号」が遅れた影響で、富山を2分遅れて発車。特急からの乗継などで立っている人もいる。立っている人はしばらくしていなくなったが、年末で旅行者も多いせいなのだろうか、座席は結構埋まっている。(続く)

|

« 東海北陸道と「セントラム」とキハ52とキハ58と(3) | Main | 東海北陸道と「セントラム」とキハ52とキハ58と(5) »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

Comments

この区間には電化の種類もありますし
古い電車を長期に使うのもやむを得ないのでしょうか

大阪環状線でも古い電車を使う会社ですから
関係ないかもしれませんが

Posted by: XXX | 2010.01.08 08:42 PM

 XXX さん、こんばんは。

* この区間には電化の種類もありますし

 北陸は交流という特殊な電化方式を使っています。そのあたりも影響しているのでしょうね。

* 大阪環状線でも古い電車を使う会社ですから

 「動態保存」ならどこかのローカル線でやっていただきたいものです。

Posted by: たべちゃん | 2010.01.09 12:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東海北陸道と「セントラム」とキハ52とキハ58と(4):

« 東海北陸道と「セントラム」とキハ52とキハ58と(3) | Main | 東海北陸道と「セントラム」とキハ52とキハ58と(5) »