« 阪急6300系に乗ってきました(2) | Main | 運転士になる夢をかなえるのは今からでも遅くはない? »

会津鉄道キハ8500系引退

 名古屋から高山へは、JRだけで行くよりも、名鉄で新鵜沼まで行ったほうが距離は短いです。そのため、名鉄は専用の車両を用意して高山線への直通列車を走らせてきました。戦後高山線への直通列車が復活したのは、1965年のことです。キハ8000系によって準急列車として走らせたのですが、のちに特急にまで格上げされました。また、一時は高山線を走破し、富山地方鉄道の立山まで運転されたこともあります。

 しかし、国鉄がJRになり、高山線の特急「ひだ」が新型車両のキハ85系に代わると、キハ8000系はサービスレベルの低いものになってしまいました。そこで、1991年にキハ8500系が登場しました。キハ8500系は、JR東海のキハ85系に性能を合わせ、併結することもできました。

 ところが東海北陸道が北へ伸び、高山市の隣の清見村(現在はここも高山市)まで延長されたため、JRに頼らなくても高山へのアクセス手段が得られることになりました。そこで、高山直通の使命を高速バスに譲って、キハ8500系の特急「北アルプス」は2001年9月で廃止されました。ただ、車両は10年しか使われていないため、会津鉄道に売却されました。

 会津鉄道はこの車両を「AIZUマウントエクスプレス」と名付け、東武からの直通急行に連絡する快速列車として使うことにしました。2005年に急行が廃止されると逆に東武鬼怒川温泉まで乗り入れ、東武・野岩鉄道・会津鉄道・JR東日本の4社を直通する列車となりました。鬼怒川温泉では「きぬ」などの東武の特急と連絡し、たった1回の乗り換えで会津まで行くことができるのです。

 説明が長くなりましたが、このキハ8500系、会津鉄道のホームページには今のところ記述がありませんが、どうやら4月で引退するようです。名鉄時代を含めてわずか20年。早すぎる引退です。

 キハ8500系は名鉄では特急として使われた車両。接客設備は優れていますが、第三セクターの私鉄には使い勝手の悪いものだったのでしょう。ローカル列車としては、1両でワンマン運転できる車両のほうが使いやすいです。東武に乗り入れ、浅草まで行けばこの設備も有効活用できたでしょうが、5両では少なすぎます。東京(浅草)から日光・鬼怒川温泉方面への特急としては使えません。

 おそらく、いろいろな意味で特殊な車両であることが寿命を縮めたのでしょう。

(追記)
 キハ8500系は5月30日に引退します。当日は後継車両となるAT700系との新旧交代セレモニーが会津田島駅で行われます。
(参考:「鉄道ファン」2010年4月号 交友社、会津鉄道ホームページ http://www.aizutetsudo.jp/info/?p=376)

|

« 阪急6300系に乗ってきました(2) | Main | 運転士になる夢をかなえるのは今からでも遅くはない? »

鉄道」カテゴリの記事

北海道・東北私鉄」カテゴリの記事

Comments

 たべちゃんさんへ
 ショックです。車歴も若く、まだ、使えるのに!

Posted by: パノラマハイパー | 2010.03.03 09:48 AM

 パノラマハイパーさん、こんばんは。

* ショックです。車歴も若く、

 まだまだ物理的には使えますが、今の環境では使い道がないですね。

Posted by: たべちゃん | 2010.03.03 09:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 会津鉄道キハ8500系引退:

» 喜多方からもと名鉄8500系【2010年2月20日】 [すぎうら日記]
大回り!?厚木営業の旅続き喜多方からもと名鉄8500系気動車で鬼怒川温泉まで走り抜けます。南東北から北関東へ。途中まではやっぱり雪景色会津若松駅で小休止。ここまでJR[東日本。ここから会津鉄道・野岩鉄道・東武鉄道と走り抜けます。会津高原駅。鬼怒川温泉到着スペーシ... [Read More]

Tracked on 2010.03.16 04:26 PM

« 阪急6300系に乗ってきました(2) | Main | 運転士になる夢をかなえるのは今からでも遅くはない? »