« DMV試乗報告書(5) | Main | 伊勢湾フェリーも廃止 »

近鉄ビスタカー、階下席をグループ単位で発売

 今ではすっかり脇役的な存在になってしまいましたが、かつての近鉄の看板列車といえば「ビスタカー」。2階建ての特急です。4両編成のうち、中間の2両が2階建てとなっていて、高い位置からの展望を楽しめる階上席とセミコンパートメント的な階下席から成り立っています。階下席は、車両の中間にある扉の前後に6人ずつの座席があります。2階建て車両は1編成に2両ありますので、1編成では4箇所存在することになります(定員は6×4=24人)。

 これまでは、階上席も階下席も1席単位での販売となっていました。普通に座席が並んでいる階上席のほうは全然問題ないのですが、6人のセミコンパートメントとなっている階下席のほうは、グループ客の中にぽつんと1人だけ混じって、いやな思いをしてしまう危険性があります。

 そこで近鉄は、4月29日乗車分から階下席の販売方法を変更することにしました。階下席は、3~5人のグループに対して販売します。1グループだけで独占することができ、ほかの乗客と相席になることがありません。家族や仲間だけで楽しむことができます。

 階下席の特急料金は、グループの人数分の特急料金と同額です。子供の場合はちゃんと半額で計算されます。販売は、特急券発売窓口に限られ、特急券自動発売機やインターネット予約発売サービスでは行いません。

 また、同じ4月29日から、階下席のデザインを改造した車両が走り始めます。ヨットのキャビンをテーマとしたものになります。当面は1編成のみを改造し、平日に2往復・休日に3往復しますが、今年の秋以降に残る14編成も改造する予定です。

 参考にした近鉄のホームページには、階下席のイメージも載っています。ソファに座っている感じで、家族や仲間と「ビスタカー」でワイワイガヤガヤと行きたくなるような気分がしますね。

(追記)
 2017年1月1日に実際に乗車したところ、今回のリニューアルでは、トイレも温水洗浄便座となっています。
(参考:近鉄ホームページ http://www.kintetsu.jp/news/files/20100319VISTA.pdf)

|

« DMV試乗報告書(5) | Main | 伊勢湾フェリーも廃止 »

近鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

 空いてる時間帯の階下席は、非常に落ち着いた車内で大好きなんです。

 一人での利用が出来なくなるのは残念でなりません。
 大阪や名古屋から二人で利用する時なんか、子供一人追加してやろうかしらん??サロンカーでは可能なこのやり方、ビスタカーでは出来るのかなぁ??

Posted by: ▲ 飛遊人 | 2010.03.28 at 06:36 AM

 ▲ 飛遊人さん、こんばんは。

* 空いてる時間帯の階下席は、

 確かにセミコンパートメント的な部屋なので、ひとりで独占することができれば、かなり落ち着くことができますね。

* 大阪や名古屋から二人で利用する時なんか、

 サロンカーは定員分の大人の料金と同額だったはずですが。

Posted by: たべちゃん | 2010.03.29 at 12:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/47900872

Listed below are links to weblogs that reference 近鉄ビスタカー、階下席をグループ単位で発売:

» 近鉄特急「ビスタカー」階下席をグループ販売に、併せて座席のリニューアルを実施 [阪和線の沿線から]
私が日頃京阪特急に乗車する際、ダブルデッカーの1階席を好んで選んでいますが、関西にはもう一つ民鉄のダブルデッカー車があります。 それが近鉄特急のビスタカーであることは、御存知の方も多いかと思います。 昭和30年代より昭和末期まで近鉄特急のフラッグシップとし...... [Read More]

Tracked on 2010.03.28 at 12:18 AM

« DMV試乗報告書(5) | Main | 伊勢湾フェリーも廃止 »