« 会津鉄道キハ8500系引退 | Main | リニア、2025年には間に合わず? »

運転士になる夢をかなえるのは今からでも遅くはない?

 「電車の運転士になりたい」という夢を子供のころに持っていたものの、それが叶わずに今を過ごしている方もいるでしょう。しかし、まだあきらめてはいけません。千葉県の第三セクター鉄道のいすみ鉄道が、その夢をかなえようとしています。

 いすみ鉄道は、一般の社会人が、ディーゼルカーの免許をとることができる制度をつくりました。約1年半から2年の間、学科から実技まであらゆる訓練を行い、国交省の動力車操縦資格(甲種内燃)の取得を目指します。免許を取得した後は嘱託乗務員扱いとなり、週1回以上の割合でディーゼルカーを運転します。

 ただ、一般の社会人が免許を取得するにはかなりの難しさがあります。まず、訓練生になった段階で、訓練にかかる費用700万円をいすみ鉄道に支払わないといけません(当然ながら自己都合で訓練を中止した場合でも、訓練費は返還されません)。しかも、週1回の出勤でよい学科訓練はともかく、乗務訓練は週3~4回の出勤が求められます。今までの仕事との両立はできません。しかも、免許を取るまでの間も給料は支払われますが、その額は最低賃金です。

 いくら子供のころの夢をかなえる機会だとしても、金と自由になる時間の両方がないと難しいのです。

(追記1)
 いすみ鉄道の700万円を払って運転士になるための訓練を受ける制度ですが、1週間で20人もの人が応募したため、1回目の募集が打ち切られました。

(追記2)
 訓練費700万円を自腹で払って運転士になろうとした1期生4人は、3度目の挑戦となった2011年11月の技能試験で全員合格しました。今後は客への対応や非常時の訓練を行い、車内での試験に合格すれば契約嘱託運転士として1人で乗務を始めます。来年5月ごろの予定です。

 いすみ鉄道では2期生2人もただ今訓練中で、2012年1月には3期生4人の募集説明会を予定しています。

(追記3)
 お金を払って運転士になる制度は2016年の7期生で最後になりました。
(参考:いすみ鉄道ホームページ http://www.isumirail.co.jp/topics/100305.html、朝日新聞3月11日朝刊 中部14版、asahi.com http://www.asahi.com/national/update/1221/TKY201112200687.html、千葉日報ウェブ http://www.chibanippo.co.jp/news/local/314798)

|

« 会津鉄道キハ8500系引退 | Main | リニア、2025年には間に合わず? »

鉄道」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

Comments

 これって、リストラなんかで、早期退職を余儀なくされた人には、良いかも! 彼の会社、累積赤字を抱えて、存続の危機に在りとか。
 社長さんも、公募してましたから。
 上総中野で接続している小湊鉄道と一体的に運行するとか、考えないと……。

Posted by: パノラマハイパー | 2010.03.10 08:42 PM

 パノラマハイパーさん、こんばんは。

* これって、リストラなんかで、

 700万円を前払いし、しかも当面の間はかなりの低収入です。どういう人が応募したのでしょうか? 家族がいて、生活がかかっている人には厳しいですね。

Posted by: たべちゃん | 2010.03.12 12:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 運転士になる夢をかなえるのは今からでも遅くはない?:

» 700万円で運転手になれる、かも・・・いすみ鉄道「自社養成列車乗務員訓練生」募集 [阪和線の沿線から]
千葉県の第三セクター鉄道、いすみ鉄道が、列車乗務員を募集しています・・・と書けば普通の求人案内と思われがちですが、この募集が普通の募集とは大きく異なる点が一つあります。 自社養成列車乗務員訓練生を募集(いすみ鉄道Webページ) 上記ページをご覧になればお分か...... [Read More]

Tracked on 2010.03.10 12:35 PM

« 会津鉄道キハ8500系引退 | Main | リニア、2025年には間に合わず? »