« 名松線で名張へ(1) | Main | 名松線で名張へ(3) »

名松線で名張へ(2)

 駅員からタブレットを受け取り、11:18の家城行きが出発。松阪発車時点で13人が乗っていた。名松線はしばらく紀勢線と並行して走っていたが、やがて分かれ、1本の細い線路を辿っていく。終点の家城まで1本の道。かつては2、3駅ごとにすれ違いすることができたようだが、今では途中の交換設備は取り払われている。

 乗り降りがほとんどないまま、終点の家城に到着。ここは名松線唯一の交換駅だったが、家城で打ち切られた今では、駅舎側のホームだけが使われ、反対側のレールは錆びている。駅名標も伊勢奥津側の駅名が消されている。もう復旧することはないというJRの強い意思を示しているかのようだ。改札を抜けると、伊勢奥津行きの代行バスがすでに停まっていた。一応はJRの路線だが、実際の運行は三重交通が行っている。列車はワンマンカーなのに、バスは運転士のほかに係員がひとり乗っている。9人の客を乗せてバスは出発した。

 バスは家城を出ると、駅付近を除いては整備された県道を進む。列車の通らなくなった線路も見える。踏切や橋にはロープが張られ、線路への侵入を防ぐ措置がとられている。しばらくすると、少し賑わっているところがあった。旧美杉村(現:津市)の中心部、伊勢八知だ。飲食店もいくつかある。ここで2人が降りた。

 ここからは比津に寄るため細い道になる。ただ通れないほどではない。家城を出てから30分あまり、鉄道時代とほとんど変わらない所要時間で伊勢奥津に着いた。駅はコミュニティセンターの一角にある。コミュニティセンターではカラオケ大会が行われているようだ。(続く)

|

« 名松線で名張へ(1) | Main | 名松線で名張へ(3) »

鉄道」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 名松線で名張へ(2):

« 名松線で名張へ(1) | Main | 名松線で名張へ(3) »