« 第二京阪走行記(0) | Main | 第二京阪走行記(2) »

第二京阪走行記(1)

 近畿道門真ジャンクションから第二京阪道路に入る。片側3車線の広い道路。住宅地が多いためか、大阪府内は遮音壁が建てられていて、外の景色は見づらい。ガラガラというほどではないが、車は少ないので、快適に走行できる。

 第二京阪は3つの料金区間(京都側から「A区間」「B区間」「C区間」とされている)に分けられているはずだが、料金所がない。交野南を過ぎると「B区間」になり、追加料金がかかるのだが、それでも料金所がない。そう思いながら走っているうちに、第二京阪唯一の休憩施設、京田辺パーキングエリアに到着した。第二京阪に入って15分も経っていない。それなのに、もう京都府に入ったのだ。車を停めることにする。

 全長27キロあまりの第二京阪の距離を考えると、休憩施設の数は妥当なところであろう。問題は、その質だ。京田辺パーキングエリアは、トイレと自販機しかない。うどん、丼、カレーなどの軽食を食べることができるスナックコーナーや売店がないのは意外だ。その意味では不満が大きい。

 もっとも、京田辺パーキングエリアのすぐ近くには学研都市線の松井山手駅がある。歩いて10分もかからない。パーキングエリアの中には関空へのリムジンバスのバス停があるので(京都からの便が発着する)、それを使って外へ出ることができる(公式にはそのような使いかたはできないことになっているが)。駅の周りにはショッピングセンターもあるし、飲食店もある。パーキングエリアに飲食施設ができるまでは、こうやって割り切るしかないだろう。地理に詳しい人しかこういうことはできないが。

 私も松井山手駅近くのショッピングセンターの中で昼食を食べ、再び車を走らせる。しばらく行くと、ようやく料金所が出てきた。ここで払うのは一番西の「C区間」のみ。「A区間」「B区間」は出口(今回の場合は、名古屋インター)で払うのだ。(続く)
(参考:第二京阪道路ホームページ http://www.daini-keihan.jp/charge.html)

|

« 第二京阪走行記(0) | Main | 第二京阪走行記(2) »

道路、車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第二京阪走行記(1):

« 第二京阪走行記(0) | Main | 第二京阪走行記(2) »