« 阪急春の臨時列車で6300系復活! | Main | 100系(JR西日本)、300系(JR東海)、2012年春に引退 »

高速道路無料化で温室効果ガスはどうなる?

 来月から行われる、地方を中心とした高速道路の無料化。この高速道路の無料化は、環境(二酸化炭素排出量)にどのような影響を与えるのでしょうか? 7日、国土交通省と環境省がそれぞれ違った視点から、試算結果を発表しました。

 国交省は、自動車の総交通量は変わらないのですが、高速道路の総走行距離が3%増えると仮定しています。つまり、一般道から高速道路へのシフトだけを考えています。高速道路は信号がなく、一定速度での走行がしやすいので(加減速が少なくて済む)、一般道を走る場合に比べて、燃費は良くなります。二酸化炭素の排出量は、休日1000円乗り放題が始まる前の2005年度に比べて、0.1%(25万トン)減ります。

 これに対して環境省は、高速道路を無料化することによって鉄道から車へのシフトが起こると考えています。自動車の総走行距離は約0.3%増えると考えています。二酸化炭素の排出量は、2005年度に比べて、逆に0.1%(約33万トン)増えます。国交省とは全く逆の結論になりました。

 国交省は鉄道から車へのシフトを考慮せず、環境省は一般道から高速に移る人の存在を考えていません。これが正反対の答えを導いているのです。もっとも、国交省も環境省も変化の幅は小さいです。高速道路の無料化は、利用者の少ない地方路線が多いので、その分だけ環境への影響が小さくなっているのかもしれません。

 環境省はもうひとつの試算結果も公表しました。休日1000円乗り放題が環境に与えた影響です。高速道路を1000円乗り放題にした結果、昨年度の二酸化炭素の排出量は導入前より約1.1%(287万トン)増えました。鉄道から車に切り替えた人が年間延べ4000万人出たため、自動車の総走行距離が休日だけで約0.3%増えたからです。

 こうなると、高速道路無料化が本格実施された場合の結果が見えてきます。無料になることにより需要が喚起され、鉄道からのシフトが起こるでしょう。鉄道が本来得意とする、中長距離での需要を食ってしまうのです。反対に、通勤割引のような短距離の割引が消えてしまうので、一般道からのシフトは期待できません。国交省の主張するプラスの効果が小さく、環境省の主張するマイナスの効果のほうが大きいと考えられます。むしろ高速道路でやるべきことは、短距離を安くして、長距離を高くすることです。今のままではメリットがありませんね
(参考:Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100507-00000078-mai-soci)

|

« 阪急春の臨時列車で6300系復活! | Main | 100系(JR西日本)、300系(JR東海)、2012年春に引退 »

道路、車」カテゴリの記事

Comments

 ごもっとも。

 一般道からのシフトだけですめば高速無料化の意義はあります。今回の実験区間は地方の末端部ですから、元々皆さん車利用ですから、CO2排出量は減るでしょうね。
 これと併せて、所謂1000円高速を止めれば、長距離の鉄道からの移転や新たな需要喚起は少ない(無い)でしょうから、より良いですね。
 地方の場合、元々通勤における公共交通のシェアは非常に少ないですから。


 ただ、個人的には、交通量が増えて、出入り口の渋滞が起き通勤時間が長くなるので、無料化の社会実験には反対ですけどね。
 通勤&息子の通学に伊勢自動車道を利用している▲。

Posted by: ▲ 飛遊人 | 2010.05.08 07:48 PM

 たべちゃんさんへ;
 高速道の料金1000円は、前政権の遺物じゃなかったですかね?
 結論;選挙対策で、政策をコロコロ変えるのは、止めて欲しいです。
 余談;国交省も、海外へ新幹線型高速鉄道の売り込みに力を入れているならば、大切な国内の輸送業者の事も、真剣に考えたらどうか?
 鉄道業の最大手のJR各社も悲鳴をあげています。
 まして、中小の陸海運業者は、言うまでも有りません。
 地球温暖化の原因がCO2であるのかどうかは、まだまだ、ハッキリした結論が出ていないと、耳にしたことが有ります。

Posted by: パノラマハイパー | 2010.05.08 08:19 PM

 ▲ 飛遊人さん、おはようございます。

* 一般道からのシフトだけですめば

 今回はもともと車のシェアが高い地方が中心なので、鉄道からのシフトはあまり起こらないでしょう。

* ただ、個人的には、交通量が増えて、出入り口の

 本格的に無料化を行うならば、インターチェンジの増設や改良が必要となりますね。

Posted by: たべちゃん | 2010.05.09 06:56 AM

 パノラマハイパーさん、おはようございます。

* 高速道の料金1000円は、

 これは、新しい料金制度の導入に伴い、2000円乗り放題に変わります。あくまでも新料金が決まるまでの暫定的なものです。

* 余談;国交省も、海外へ新幹線型高速鉄道の

 国内に新幹線を導入すべき路線がないわけではありません。1時間に1本特急が走るような路線では、それなりの価値があるでしょう(在来線は切り離しとなりますが)。今の在来線特急では遅すぎて車に勝てません。

* 地球温暖化の原因がCO2であるのかどうかは、

 今のところははっきりとした結論はないようですね。一般的には、二酸化炭素の増加は地球温暖化の原因になるというのが有力ですが。

Posted by: たべちゃん | 2010.05.09 07:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高速道路無料化で温室効果ガスはどうなる?:

« 阪急春の臨時列車で6300系復活! | Main | 100系(JR西日本)、300系(JR東海)、2012年春に引退 »