« 伊丹から国際線を飛ばすことに何の意味がある? | Main | 水了軒の商標と工場、岐阜の業者が取得 »

アナログテレビが使えるのは、来年の6月まで

 テレビなどで、盛んに現在のアナログ放送が2011年7月24日で終了するということを宣伝しています。うっとおしいぐらいです。

 しかし、今のアナログテレビでは、7月24日まで見ることができません。総務省の計画では、来年の6月で放送が終了し、7月からは「移行期間」としてアナログ放送終了の専用番組やお知らせ用の文章が流れるのみなのです。通常の番組は見ることができません。7月24日正午で電波が止まり、何も見ることができなくなるのです。

 「今のテレビで7月24日まで見ることができる」と思っていては、大変なことになりますね。放送関係者以外は、まさか6月末で実質的に放送が終了するとは思っていません。そもそも、以前にも書いたように、地デジになることのメリットは未だによくわからないです。

(追記)
 結局、アナログ放送は「移行期間」を設けず、7月24日の正午まで放送されることになりました。
(参考:朝日新聞7月16日朝刊 中部14版、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110103-OYT1T00014.htm)

|

« 伊丹から国際線を飛ばすことに何の意味がある? | Main | 水了軒の商標と工場、岐阜の業者が取得 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

 たべちゃんさんへ:
 来年の6月末で、アナログ放送が実質的に終了するとは、誰も思ってませんよ。
 何か、利権的な、厭なものを感じます。

Posted by: パノラマハイパー | 2010.07.19 03:47 PM

 パノラマハイパー さん、こんにちは。

* 来年の6月末で、アナログ放送が実質的に終了するとは、

 「アナログは7月24日で終了する」と思っている人が大半でしょう。

* 何か、利権的な、厭なものを感じます。

 地デジに移らないといけない必要性がはっきりしないですからね。もし、その必要があるなら、チューナーの配付など、補償をしないといけません。

Posted by: たべちゃん | 2010.07.19 05:18 PM

> 来年の6月で放送が終了し、7月からは「移行期間」としてアナログ放送終了の専用番組やお知らせ用の文章が流れるのみなのです。

それはそれで見てみたい気がします(笑)
地デジ対応テレビは今年中には買う予定でいますが、今のテレビも「アナログ最後の日」までとっておこうかな。

Posted by: | 2010.07.25 03:41 PM

 Pさん、おはようございます。

* 地デジ対応テレビは今年中には買う予定でいますが、

 最後に駆け込みのキャンペーンが出るのを期待します。

Posted by: たべちゃん | 2010.07.26 05:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アナログテレビが使えるのは、来年の6月まで:

« 伊丹から国際線を飛ばすことに何の意味がある? | Main | 水了軒の商標と工場、岐阜の業者が取得 »