« 成田スカイアクセスと「スカイライナー」(4) | Main | 3月12日開業の九州新幹線に最速達型「みずほ」誕生! »

成田スカイアクセスと「スカイライナー」(5)

 東京での用事を終え、東京17:41発の沼津・山北行きで西に向かう。帰りも「ムーンライトながら」に乗りたかったが、満席で取れなかったのだ。東京を出た時点では座席が埋まる程度であったが、新橋や品川で乗ってきて、茅ケ崎まで座れず。

 沼津からは、東西に長い静岡県を一気にカバーする列車がある。「ホームライナー浜松5号」だ(休日は静岡止まりとなり、名前も「ホームライナー静岡35号」に変わる)。浜松までの130.9キロを1時間37分で走る。車両もロングシートではない。普段「あさぎり」として使われる、371系が使われる。2階建て車両を2両つないだものだ。ホーム上の自動券売機で乗車整理券を買おうと思ったが、時間切れで買えず。取りあえず飛び乗る。お盆で旅行者が多いからか、よく埋まっている(車掌の話によれば、いつもはそれほど混んでいないらしい)。何とか空席を見つけ、車内で310円を払い、東京で買った駅弁を食べる。なぜか新津駅の「鮭の焼漬弁当」だ。静岡で乗り込む客もそれほどなく、あとは降りる一方。浜松まで乗っていた乗客はほとんどいなかった。

 浜松で乗り継いだ豊橋行きは、313系と211系の組み合わせ。ただし静岡地区なのでロングシートだ。「ホームライナー浜松5号」が遅れたため、少々遅れて発車。途中で降りる客はいるが、座席はだいたい埋まっている。

 今日の最終ランナーは、関ケ原行きの区間快速(豊橋22:17発)。時間が遅いため、岡崎まで各駅停車。今晩の宿は大垣駅前のアパホテル。9時間以内にチェックアウトすることを条件に安くなっている。大浴場が売りのところだが、到着が遅かったため、利用できなかった。


 このあと、余部橋梁を目指して西に進みます。いくつか記事を書いてから、再開します。

|

« 成田スカイアクセスと「スカイライナー」(4) | Main | 3月12日開業の九州新幹線に最速達型「みずほ」誕生! »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 成田スカイアクセスと「スカイライナー」(5):

« 成田スカイアクセスと「スカイライナー」(4) | Main | 3月12日開業の九州新幹線に最速達型「みずほ」誕生! »