« 成田スカイアクセスと「スカイライナー」(1) | Main | 成田スカイアクセスと「スカイライナー」(3) »

成田スカイアクセスと「スカイライナー」(2)

 次は「スカイライナー」のライバル、JRの「成田エクスプレス」。「成田エクスプレス」も「スカイライナー」に対抗して新型車両(E259系)に置き換えられた。もっとも、JRは千葉を通るため遠回りで、成田スカイアクセスのように時速160キロで走ることのできる区間もない。新宿や横浜に直通することができるという、便利さが売りだ。発車直前に整備が終わり、座席に座る。すぐに発車だ。早速車内販売が始まる。「スカイライナー」にはなかったことだ。

 しかし、通勤ラッシュで本数が多いこともあるだろうが、遅い。結局、千葉まで41分かかった。「スカイライナー」なら日暮里に着く時間だ。

 千葉からは総武線に乗り、幕張本郷で降りる。海浜幕張行きのバスに乗り換えるのだが、次に乗るバスは変わっている。連節バスなのだ(全てのバスが連節バスなのではなく、平日の場合、朝は海浜幕張駅行きに、夜は幕張本郷駅行きに重点的に投入されているようだ)。バスターミナルの詰所で先に210円を払う(これは混雑する平日の朝だけの措置のようで、10:30過ぎに再び幕張本郷に寄ったときには、詰所は跡形もなく消えていた)。もちろん「Suica」が使える。長さ18メートルもある連節バスの威力で2か所の入口から一気に乗客を乗せ、2分ほど遅れて出発した(バスの到着が遅れたため)。

 バスが発車すると、自動で案内放送が流れる。その声の主は、千葉ロッテマリーンズの渡辺投手だ。盆休みで交通量が少ないのかもしれないが、バスはスムーズに進む。

 このバスは急行なので、海浜幕張駅近くまでノンストップで走る。最初のバス停は富士通。富士通の社員だろうか、一気に降りる。最初に運賃を払っているため、降りるのもスムーズだ。次の停留所はNTT。降りたのはNTTの社員か? あともうひとつ停留所に停まったら、終点の海浜幕張駅前。今度も渡辺投手のアナウンスかと思ったら、大松選手だった。(続く)

|

« 成田スカイアクセスと「スカイライナー」(1) | Main | 成田スカイアクセスと「スカイライナー」(3) »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 成田スカイアクセスと「スカイライナー」(2):

« 成田スカイアクセスと「スカイライナー」(1) | Main | 成田スカイアクセスと「スカイライナー」(3) »