« 新潟県、貸付料についての開示を受ける(2) | Main | 「青春18きっぷ」、今年の冬も発売! »

新潟県、貸付料についての開示を受ける(3)

 今回開示されたデータには、北陸新幹線の所要時間などのデータも含まれています。このまま使わないのももったいないので、ここで紹介します。

 今、長野新幹線は8両編成で走っていますが、以前にも書いたように、金沢まで延長されると12両になると考えられています。E2系で考えると、定員は998人と推定されています。グリーン車は1両のようです。北海道新幹線まで乗り入れてくる東京-大宮間のことを考えると、確かに8両では厳しいです。

 座席の65%が埋まるという仮定で、想定される輸送密度から考えると、設定される列車の本数は、長野までが1日27本、上越までが15本、富山までが14本、そして金沢までが13本となります。長野までが1時間に2本、長野以遠が1時間に1本というところでしょう。まぁ、実際には朝夕の混雑時には増発されますし、上越や富山で本数が減るとは考えにくく、むしろ関西・名古屋方面連絡のための富山-金沢間の区間便がいくつか設定されると考えています。

 列車は最速達、速達、緩行の3種類が考えられています。最速達は大宮、長野、富山のみに停車し、東京-金沢間2時間26分(45秒)。以前書いた記事と合います。上越に停まると3分30秒ロスするようですので、2時間30分を切るためには通過されても仕方がないでしょう。速達は上野、大宮、高崎、軽井沢、長野、上越、富山に停まり、東京-金沢間2時間36分。緩行は長野-金沢間を各駅に停まり、1時間21分かかります。

 ただ、想定される長野まで1時間に2本、金沢までが1本の組み合わせだと、次のパターンになると思われます。上野、大宮と停まった後は長野までノンストップとなり、そこからは各駅に停まる速達便と、長野まで各駅に停まる便の2種類です。最速達は朝夕の混雑する時間帯に運転されます。長野から各駅に停まる速達便の所要時間は2時間48分です。
(参考:新潟県ホームページ http://www.pref.niigata.lg.jp/koutsuseisaku/1287522081374.html)

|

« 新潟県、貸付料についての開示を受ける(2) | Main | 「青春18きっぷ」、今年の冬も発売! »

鉄道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新潟県、貸付料についての開示を受ける(3):

« 新潟県、貸付料についての開示を受ける(2) | Main | 「青春18きっぷ」、今年の冬も発売! »