« 東北新幹線で新青森へ(2) | Main | 東北新幹線で新青森へ(4) »

東北新幹線で新青森へ(3)

 買い物を済ませ、南口のバス乗り場に行く。青森から五所川原へはバスがある。川部まで行かずにショートカットし(国道7号線と101号線に沿って走る)、しかも1時間に1本はあるので、利便性が高い。五能線の本数が少ないことを考えると、なおさらだ。かつてはこのバス、新青森駅には寄らなかったが、新幹線開業を機に、新青森に立ち寄ることになった。バスは13:40発だが、時間になっても来ない。10分遅れでやってきた。10人ほどが乗り込む。バスは前と中に扉があるタイプだが、乗り降りは前からのみ。その理由はバスに乗ると分かる。中の扉から乗り降りできないように改造されていたのだ。東京あたりで走っていたバスのお古なのだろう。バスは雪を考慮して余裕あるダイヤを組んでいるようで、終点の五所川原駅前には逆に5分速く着いた。運賃は1010円。途中の停留所から30分近く、全く運賃が上がっていない。

 津軽鉄道に乗る。JRの横にある小さな駅に入り、金木までの切符を買う。硬券だ。発車10分前に改札が開いたのでその改札を通り、JRと共用している跨線橋を渡って、津軽鉄道のホームに行く。迎えてくれたのは、アテンダント。単行のディーゼルカーに乗り込む。ボックスシートにひとりかふたり座った状態で、定刻の15:10に発車。アテンダントも乗り込む。彼女は沿線の観光案内もしてくれる。

 唯一の交換駅、金木で折り返し。いつの間にか観光施設付きの駅になっていた。ここで帰りの切符を買う。帰りは冬ならではの名物列車、「ストーブ列車」だ。やがて津軽中里方面から「ストーブ列車」がやってきた。かわいらしいディーゼル機関車の後ろに、場違いとも思えるディーゼルカー(行きに乗ったものと同じタイプ)が付き、その後に旧型客車が2両付く。旧型客車に乗るには300円がいる。運行にはコストがかかるのでやむを得ない。本来ならディーゼルカー抜きで走りたいところだが、地元客のことを考えるとそういう訳にもいかず(交換できる駅がひとつしかないため、増発が利かない)、現代風のディーゼルカーと旧型客車が一緒に走るという妙な姿になっているのだ。後ろの車両から、団体が降りてきた。ガラガラになった後ろの車両に座る。

 「ストーブ列車」の旧型客車には、車内2か所の座席を撤去して、ダルマストーブを置いている。燃料は石炭。この珍しい暖房設備が売りなのだ。時々、車掌(?)やアテンダントが石炭をくべる。車内販売もやっていて、スルメがよく売れる。もちろん、ダルマストーブで焼くのだ。「ストーブ列車」は準急扱いだが、金木からの通過駅はひとつのみ。ストーブを中心に、列車は雪の中を進む。(続く)

|

« 東北新幹線で新青森へ(2) | Main | 東北新幹線で新青森へ(4) »

鉄道」カテゴリの記事

北海道・東北私鉄」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東北新幹線で新青森へ(3):

« 東北新幹線で新青森へ(2) | Main | 東北新幹線で新青森へ(4) »