« 北近畿タンゴ鉄道、一部区間廃止か? | Main | JR九州の観光列車は超豪華 »

北陸新幹線について積極的な大阪府と消極的な福井県

 北陸新幹線の敦賀以西は、まだどこを通るか決まっていません。その先には大阪という大都市が控えているにもかかわらず、まだ決まらないのです。北陸新幹線の新規着工に当たっては、重要な課題です。

 その難問を解決しようとしているのが、橋下大阪府知事。いろいろなところで精力的に動いています。橋下知事は、(大阪府内を通らないために、本来なら負担する必要のない)「米原ルート」の建設費の負担をしてでも、北陸新幹線の新大阪までの全線開通を目指しています。大阪府と滋賀県は、新年度からルートの選定や建設費の負担についての協議を始めます。また、京都府や福井県とも協議の開始に向けての調整を行っています。

 大阪府の計算では、現在の地元自治体の負担の枠組みをそのまま適用した場合、「米原ルート」と「若狭ルート」では次のようになります(敦賀以西の数字)。「米原ルート」は福井県108億円、滋賀県468億円の計576億円。「若狭ルート」は福井県576億円、京都府486億円、大阪府360億円の計1422億円です。「米原ルート」のほうが半額以下になりますが、ネックは滋賀県。資金の負担を渋っています。なにしろ、南びわ湖駅の建設を拒否したという「実績」がありますから、期待できないでしょう。

 そこで大阪府が考えているのは、滋賀県の負担を軽減すること。全線開通による利益を考慮し、福井県が158億円、京都府と大阪府が209億円ずつ負担し、滋賀県の負担を50億円に抑える案(計算が合わないような気もしますが)など3つの案を考え、滋賀県を説得したいようです。滋賀県は、新幹線開業により在来線の特急が減ることを懸念していますが(ただし、現実には、「サンダーバード」は滋賀県内を通過するのが大半ですし、「しらさぎ」も長浜に停まるのは半分もありません。近江今津あたりの利便性のためなら、朝夕の通勤特急を走らせればよいでしょう)、協議には参加します。

 大阪府には、2014年度に北陸新幹線長野―金沢間が開業すると、北陸と東京の結びつきが強くなり、関西との結びつきが弱体化するという懸念があるようです。ですから、本来なら負担する必要のない大阪府が負担をしてまで、北陸新幹線の最大の課題である敦賀以西のルートの問題を解決しようとしているのでしょう。本来なら、敦賀以西のルートの問題は、北陸にフル規格の新幹線が着工される前に解決しておくべき課題でした。金沢までの開業が見えているこの時期でははっきり言って遅いのですが、やらないよりはいいでしょう。

 それに対して不可解なのは、福井県の態度。敦賀以西のルートの問題は国が解決すべきだとして、自ら解決しようとはしません。福井県としては、「米原ルート」を採った場合、(新幹線が通らない)若狭地方のことが頭にあるかもしれません。しかし、何度も言いますが北陸新幹線において解決すべき課題は、敦賀以西をどうするかであり、それが決まらない限り、金沢以西の新規着工の可能性はかなり低くなります。福井止まりの新幹線では説得力が全くありません。高速増殖炉「もんじゅ」をカードにしても無意味です。「大阪」だけが唯一のカードになるのです。

(追記)
 福井県の西川知事は、敦賀以西のルートを決めることよりも、金沢-敦賀間の着工を急ぐことを優先しています。何も分かっていないですね。

 敦賀以西の問題に消極的であるということは、「うちの県に北陸新幹線はいらない」ということと同義と言っても過言ではありません。
(参考:asahi.com http://www.asahi.com/kansai/travel/news/OSK201102020071.html、
http://www.asahi.com/travel/rail/news/OSK201102020160.html、Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110216-00000052-san-l18)

|

« 北近畿タンゴ鉄道、一部区間廃止か? | Main | JR九州の観光列車は超豪華 »

鉄道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北陸新幹線について積極的な大阪府と消極的な福井県:

« 北近畿タンゴ鉄道、一部区間廃止か? | Main | JR九州の観光列車は超豪華 »