« JR九州、博多-宮崎間に高速バス「たいよう」を運転 | Main | 「はやぶさ」「みずほ」に関する料金制度 »

この春、117系観光列車「水都大垣トレイン」運転!

 「おくのほそ道」結びの地と言われる、大垣。水郷としても知られています。

 その大垣で、4月4日から17日までの間、大垣市観光協会主催で「水の都おおがき舟下り」が行われます。大垣市営東外側駐車場前から四季の広場までの約1キロを25分かけて下ります。乗船料は1000円で、1日10便します。それに合わせてJR東海は、4月3日から17日までの間、全車指定席の快速「水都大垣トレイン」を運転します。飯田線で「そよかぜトレイン117」として使われていた117系を利用。平日は1日1往復、休日は1日2往復します。なお、「水都大垣トレイン」は名古屋-大垣間、ノンストップです。尾張一宮や岐阜も通過します。

 ところでこの117系、2号車は「ウィンディスペース」として、風を感じることができるようになっています。ほかの車両には一部のイスをつぶして大型のテーブルを置いています。大垣まで44分かかる「水都大垣トレイン1号」を除いては、新快速・快速とほぼ同じ速さで走るので、2号車の「ウインディスペース」に吹き込む風はかなり強いものになるのでしょうね。日ごろ窓が閉まって、冷暖房が利いた電車にしか乗っていない人は気を付けたほうがいいです。
(参考:JR東海ホームページ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000010015.pdf、http://jr-central.co.jp/news/release/nws000668.html)

|

« JR九州、博多-宮崎間に高速バス「たいよう」を運転 | Main | 「はやぶさ」「みずほ」に関する料金制度 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference この春、117系観光列車「水都大垣トレイン」運転!:

» トレイン117 出発進行 [冷たい月の陽炎 LIBERTSTYLE]
nbsp;JR東海版着地型リゾートトレイン『トレイン117』誕生JR東海が着地型リゾートトレインを投入!そのニュースを聞いたとき「あのJR東海が!?」と思わず耳を疑った。なにしろ東海道新幹線至上主義。「在来線経営は趣味」とまで言ってしまうくらいのJR東海。それでも最近はめざましいほどにサービスアップがはかられてきている。313系新型電車の投入、増結による混雑緩和、快速増発でスピードアップなどなど。駅員サービスもひと昔前からは大幅に改善されつつあり、最近ではJR東海バージョンの鉄道博物館とも... [Read More]

Tracked on 2011.03.09 01:04 AM

« JR九州、博多-宮崎間に高速バス「たいよう」を運転 | Main | 「はやぶさ」「みずほ」に関する料金制度 »