« 高島屋、百貨店売上名古屋地区トップに | Main | 東京-仙台間、鉄路で再び結ばれる »

近鉄南大阪線などでも部品不足で運休へ

 先日、JR西日本での電車の運休の記事を書きましたが、電車を運転するのに必要な直流電動機ブラシが足らないのは、JR西日本だけではありません。比較的古い車両を使っている鉄道会社なら、当てはまる話です。

 近鉄もそのひとつ。前の記事でも最後のほうで触れましたが、日立化成工業製のブラシを使う車両が約650両あります。全体(特急型も含めて1952両)のほぼ3分の1に当たる数字です。皆さんも御存じのように、近鉄は軌間1435ミリの標準軌(大阪線、奈良線など)のほかに、軌間1067ミリと762ミリの狭軌があります。1067ミリは南大阪線、吉野線など、762ミリは内部線と八王子線で使われています。このうち、1696両ある標準軌用については、ブラシを使わない新型車両を中心に運用し、ブラシを使う車両は平日のラッシュ時のみに使うことで、運転本数を確保することができます。すでに、「アーバンライナー」については、3月28日から本来なら8両で運転されている車両も、6両で運転しています。

 問題は、1067ミリと762ミリの狭軌。ここについては、問題が少ない標準軌用の車両を転用することができません。今のところはブラシの在庫が1、2か月ほどありますが、それが切れてしまい、ほかのところなどから調達できなければ、6月にも狭軌区間での運転本数を減らすことを検討しています。具体的にどの電車を運休させるかはまだ決まっていませんが、乗客の少ない日中や、休日の早朝、深夜の時間帯で運休させるようです。

(追記)
 近鉄においても当面の部品の確保ができたようで、本来の8両から6両に縮小していた「アーバンライナー」についても、4月15日から本来の8両での運転を再開します。南大阪線、吉野線で運転を取りやめていた臨時快速急行も運転を実施します。
(参考:産経関西 http://www.sankei-kansai.com/2011/04/02/20110402-051387.php、近鉄ホームページ http://www.kintetsu.jp/news/wfiles/110329sharyohensei.pdf、http://www.kintetsu.jp/news/wfiles/110412tuujouuntennsaikai.pdf)

|

« 高島屋、百貨店売上名古屋地区トップに | Main | 東京-仙台間、鉄路で再び結ばれる »

鉄道」カテゴリの記事

近鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 近鉄南大阪線などでも部品不足で運休へ:

« 高島屋、百貨店売上名古屋地区トップに | Main | 東京-仙台間、鉄路で再び結ばれる »