« 「休日1000円乗り放題」廃止の高速道路料金割引変更(案)、パブリックコメントに | Main | 全日空系格安航空の名は「Peach」 »

大阪市交通局、節電のため減便試算

 福島第一原発の事故や中部電力浜岡原発の停止により、(関西地方でも直接的な影響がなくても)夏に電力が不足する危険性もあります。そこで、大阪市交通局は、政府などから節電要請を受け、10~20%の節電をしなければいけなくなったとき、どうすればよいかをシミュレーションしました。

 試算は1日120万人が利用する御堂筋線のみ考えたケースと、ニュートラムを含めた9路線すべてで考えたケースの2つ行いました。大阪市交通局の場合、一番電力を使う朝の通勤ラッシュ時(7~9時)に、10~20%の節電をするには、どういうダイヤを組めばいいかを考えたのです。

 御堂筋線だけのケースは、朝ラッシュ時のダイヤを、夕方並みに減らすとに変えると10%の節電が、休日ダイヤに変えると20%の節電ができます。しかし、現状で140%程度の混雑率が、夕方ダイヤだと170%、休日ダイヤだと200%になります。

 また、全路線で20%の節電をするには、(1)御堂筋線以外のすべての路線で休日ダイヤにする(御堂筋線は変わらず) (2)御堂筋線は夕方ダイヤ、中央線は変わらず、残りの7路線を休日ダイヤにする のどちらかで達成できます。

 もちろん、大阪市交通局の担当者も考えているように、全体として電力需要が多いのは昼間であり、仮に減便が行われる場合、昼間がターゲットになるでしょう。需要が一番大きい時間帯に消費電力を減らさないと効果は薄いですから。あくまでも大阪市交通局が朝のラッシュ時で試算をしたのは、乗客への影響が大きいからです。
(参考:産経関西 http://www.sankei-kansai.com/2011/05/19/20110519-052995.php)

|

« 「休日1000円乗り放題」廃止の高速道路料金割引変更(案)、パブリックコメントに | Main | 全日空系格安航空の名は「Peach」 »

大阪市地下鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

大阪市長さんへ

大阪市営地下鉄は、節電のおかげで駅は真っ暗です。
なんと、時刻表まで消えてほとんど読めません。

電車の本数も減らして、市民生活は不便になる一方。

その一方で、電気節約した分、役所はもうかってますよね?

これやと、節電に便乗した悪徳商法ですよ。

市民サービス低下させて、15%節約できたって威張りはるんやったら、地下鉄の料金、値下げするのがあたりまえとちがいますか?

Posted by: syuraraponn | 2011.07.09 at 09:50 PM

 syuraraponn さん、おはようございます。

* 市民サービス低下させて、15%節約できたって

 節電に迫られることがなければ、ここまで厳しいことはできなかったでしょう。やむを得ず、大阪市交通局は節電をしているのです。本数の削減は、最終手段と考えているのでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2011.07.10 at 08:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/51735285

Listed below are links to weblogs that reference 大阪市交通局、節電のため減便試算:

» 【大阪市交通局】朝ラッシュ時の間引き運転検討 [かにうさぎの部屋]
福島の原発事故に伴い点検中の各原発の運転再開が遅れていることを受け、大阪市は電力 [Read More]

Tracked on 2011.05.24 at 09:08 PM

« 「休日1000円乗り放題」廃止の高速道路料金割引変更(案)、パブリックコメントに | Main | 全日空系格安航空の名は「Peach」 »