« 福岡-熊本間高速バス、今月から増発 | Main | タカラトミー、「プラレール アドバンス」10月に発売! »

「多重化」の観点で見るなら、北陸新幹線は大阪までできないと意味がない

 大畠国交相は7日、参議院の国土交通委員会で、整備新幹線の未着工区間の建設について、「これまでの5つの条件のほかに、非常時に備えた多重化という観点を加えての検討が必要」という趣旨の発言をしました。東日本大震災を踏まえての発言です。

 その翌日の8日、参議院本会議で改正旧国鉄債務処理法案を可決しました。鉄道建設・運輸施設整備支援機構の剰余金のうち、国庫への返納(当初の予定では年金の財源に充てる予定でしたが、東日本大震災を受け、その復旧に使います)を免れた部分を使って、長野新幹線の建設費の返済、並行在来線の支援、JR北海道、JR四国、JR九州、JR貨物の支援を行うための法案です。そして、前日の国土交通委員会では、「太平洋側の地震リスクに備えるため、日本海側に北陸新幹線など多重系の輸送体系による代替補完機能を確立する必要性を踏まえ、整備を加速させることが必要である」という趣旨の付帯決議を可決しています。

 北陸新幹線は、金沢以西の建設が全くと言ってもいいほど進んでいません。現在のままなら、単なる金沢へのローカル新幹線です。別にできなくても北陸の人を除いては何ら困ることはありません。福井や敦賀に伸びても事情は同じです。

 しかし、北陸新幹線の最終的な目的地は大阪。ここまで完成すれば、東海道新幹線・リニア中央新幹線の代替機能を果たすことができます。「多重化」をうたうなら、大阪までできないと意味がないのです。ようやく橋下知事のように、北陸新幹線の重要性を認識する政治家が関西に出ました。北陸止まりではなく、大阪までの全線完成を積極的に推進したいものです。
(参考:毎日jp http://mainichi.jp/area/fukui/news/20110609ddlk18010672000c.html、MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110608/plc11060812400008-n1.htm)

|

« 福岡-熊本間高速バス、今月から増発 | Main | タカラトミー、「プラレール アドバンス」10月に発売! »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

鹿児島県民としては、東海道16両1323席の壁をすり抜けてみずほ・さくらの京都直通のためにも小浜ルートだけは避けて欲しいですが、このまま滋賀県庁に何か要望書を出さずにすむといいですね。

しかし東海道との完全分離の観点から見ると、京都から新大阪までのルートはどうするんでしょうか?
九州・山陽からは同じJR西日本ということで北陸との直通を前提にしたアクションを起こさないかんと思うのですが、どうしたもんでしょうか。
北陸からは姫路か岡山まで、広島まで行くかな?
飛行機との対抗を考えればいっそ鹿児島中央〜富山を設定してもいいような気がします。時間かかり過ぎですが、需要は掘り起こせそうだし。

Posted by: 日置りん | 2011.06.16 at 06:40 AM

>ようやく橋下知事のように、北陸新幹線の重要性を認識する政治家が関西に出ました。

橋下知事にとっては、歴史的に関西と繋がりの深い北陸まで東京志向になることへの焦りがあるのでしょう。

もうひとつは、米原経由で作ることで、東海道新幹線の逼迫⇒リニアの新大阪までの早期延伸に繋げようとの思惑があると思われる。

橋下知事も、米原ルートが最適と発言している。小浜経由では、京都や名古屋の利用者には不便で、ひとり大阪だけが便利になる案です。
さすがに、そんな主張はできないでしょう。

Posted by: かにうさぎ | 2011.06.16 at 09:18 PM

 日置りん さん、おはようございます。

* 鹿児島県民としては、東海道16両1323席の壁を

 JR東海にもう少し柔軟な考えがあればいいですけどね。

* しかし東海道との完全分離の観点から見ると、

 東海道新幹線と完全に分離するなら、「若狭ルート」になりますね。京都は亀岡を通ります。

* 九州・山陽からは同じJR西日本ということで

 JR西日本の立場からすれば、北陸と九州を直通する列車をつくれば、運用の合理化につながるかもしれません。米原経由が前提ですが。

Posted by: たべちゃん | 2011.06.17 at 05:37 AM

まったくその通りです!とりあえず米原経由でも良いから数年以内に北陸新幹線を大阪まで暫定?でも全線開業させるべきです。

海沿いを走る東海道新幹線は東海南海連動大震災M8-9が起きたら大津波などで絶対長期不通になる区間が出ます。

その時の代替ルートという意味もあって中央リニア建設を急いでいるJR東海ですが2027年開業では次の震災に間に合わないような気がします・・・。

Posted by: miyahara | 2011.06.17 at 05:41 AM

 かにうさぎさん、おはようございます。

* 橋下知事にとっては、歴史的に関西と繋がりの

 関西に住む人にとっては、すんなりと心に入る考えです。本来なら、北陸にフル規格をつくることが決まる10年ほど前に出てきてほしかったですね。この時期なら、フル規格をつくる条件に、大阪までの路線の整備をつけることができます。北陸の人に建設費を負担させることができます。いやなら北陸新幹線をなしにすればいいだけですから。

* 橋下知事も、米原ルートが最適と発言している。

 口は悪いですが、そのあたりはきちんと考えているのでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2011.06.17 at 05:52 AM

 miyahara さん、おはようございます。

* まったくその通りです!とりあえず米原経由でも良いから

 そうなるとよいのですが、今の予算のペースでは、数年では到底できないでしょう。

* その時の代替ルートという意味もあって

 2027年でも、名古屋止まりですからあまり効果はないですね。

Posted by: たべちゃん | 2011.06.17 at 06:01 AM

九州と多重性といえば、四国新幹線も全く無視していいものではないです。
といっても熊本まで、いや大分まで伸びてくるなんて今世紀中には考えられないでしょうから、四国でも九州でもあちこち大阪志向の新幹線ができて、山陽新幹線の新大阪〜岡山間がパンクしそうになったらどうするかを考えたほうがまだ現実味があります。

ある程度は8両と8両を連結して16両にすればいいですが、強引に合わせて1323席にしてもリニアを獲得した東海がなお乗り入れを拒否するかも知れませんし、ATCの改良で300km/hの高速度でも(8+8=16を)1時間18本とか20本とか24本とか運転できるようにするにしても開発に時間がかかりますし。

Posted by: 日置りん | 2011.06.17 at 08:54 AM

>非常時に備えた多重化という観点を加えての検討が必要

これは、拡大解釈すれば、災害対策を名目に公共事業を正当化する危険性もあります。
東北大震災では、新幹線が不通になったことで、福島や山形など、無駄と批判されていた空港が役立ったとの声も聞かれるし、津波で使用不能になった仙台空港を見て、関西では「海上空港は使用不能になるリスクがあるから伊丹空港を維持せよ」と勢い付いている人がいます。

Posted by: かにうさぎ | 2011.06.18 at 10:58 AM

 日置りん さん、おはようございます。

* 九州と多重性といえば、四国新幹線も

 松山までなら、フル規格で新幹線をつくってもそれなりに利用されるでしょう。

 新大阪-岡山間がパンクしそうになれば、8両編成2本をくっつけて新大阪まで行けばいいだけでしょう。東海に乗り入れなければ何ら問題はありません。

Posted by: たべちゃん | 2011.06.23 at 06:35 AM

 かにうさぎさん、おはようございます。

* これは、拡大解釈すれば、災害対策を名目に

 確かに、福島や山形のように、日ごろは使われていない空港が役立ったという例はあります。そういうのを考慮していたら、キリがないですね。

 話は変わりますが、コメントもかなり増えてきましたので、今日の23:59で締め切りとさせていただきます。ご了承ください。

Posted by: たべちゃん | 2011.06.23 at 06:51 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/51900427

Listed below are links to weblogs that reference 「多重化」の観点で見るなら、北陸新幹線は大阪までできないと意味がない:

« 福岡-熊本間高速バス、今月から増発 | Main | タカラトミー、「プラレール アドバンス」10月に発売! »