« 「多重化」の観点で見るなら、北陸新幹線は大阪までできないと意味がない | Main | あと40日とは思えない地デジの現状、サンテレビが映らない? »

タカラトミー、「プラレール アドバンス」10月に発売!

 このblogを御覧の皆様も、子供のころ遊んだと思われる、タカラトミーの「プラレール」。1959年から発売を続ける人気商品で、私の実家にも、なぜかあります。その「プラレール」、10月に大人向けバージョン、「プラレール アドバンス(PLARAIL Advance)」を発売します。

 大きな特徴は、「プラレール」の青いレールはそのまま使いますが、車両が小さくなったことにより(車両の幅2センチ、高さ3センチ)、レールの片方の溝だけで走行することができること。今までの1本のレールで、複線の線路になるのです。

 最初から発売される車両は6種類。0系新幹線、500系新幹線、「ドクターイエロー」、山手線(E231系500番台)、485系、南海「ラピート」です。いずれも単4電池1本で動く4両編成で、税込み2625円です。N700系とレールなどがセットになったものもあります。

(追記1)
 「プラレール アドバンス」は、「鉄道の日」の10月14日に発売開始しました。

(追記2)
 「プラレール アドバンス」は人気商品で売り切れになる店が続出しましたが、生産拠点のタイが洪水に見舞われたため、追加生産ができなくなりました。しかし、中国やベトナムにも生産拠点を分散することにより、生産を行うことができるようになりました。

 2012年4月下旬からは、N700系「みずほ・さくら」、名鉄パノラマカーなども追加販売されます。2012年7月には0系新幹線などの既存製品も復活する予定です。
(参考:タカラトミーホームページ http://www.takaratomy.co.jp/product_release/pdf/p110610.pdf、http://www.takaratomy.co.jp/products/plarail/plarail_advance/#products、朝日新聞10月14日朝刊 中部14版、ねとらぼ http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1204/19/news108.html)

|

« 「多重化」の観点で見るなら、北陸新幹線は大阪までできないと意味がない | Main | あと40日とは思えない地デジの現状、サンテレビが映らない? »

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/51937374

Listed below are links to weblogs that reference タカラトミー、「プラレール アドバンス」10月に発売!:

» おとなのプラレール、「プラレールアドバンス」今秋発売 [阪和線の沿線から]
子どもの鉄道玩具としては定番のプラレール。 発売50年を経過し、かつてプラレールで遊んだ子どもが大人となり、その子どもがまたプラレールで遊ぶという、世代を越えたロングセ ... [Read More]

Tracked on 2011.06.16 at 10:50 PM

« 「多重化」の観点で見るなら、北陸新幹線は大阪までできないと意味がない | Main | あと40日とは思えない地デジの現状、サンテレビが映らない? »