« 名古屋市バス、基幹バスレーンを逆走 | Main | 113系「阪和色」、来年3月で阪和線から姿消す »

神戸電鉄、地元自治体に上下分離を提示

 それなりに乗客がいるはずなのに、苦境に追い込まれている神戸電鉄粟生線。今年中に、最悪の場合粟生線の廃止の方針が打ち出されます。

 そういう状況の下、神戸電鉄は、利用者の少ない押部谷-粟生間約18キロの土地と鉄道施設の買い取りを沿線自治体である神戸市、三木市、小野市にしてもらい、上下分離をする案を出しました。土地が約13億円で、鉄道施設が約55億円。自治体ごとの負担額は、神戸市が約2億円、三木市約40億円、小野市約26億円。3市には神戸電鉄への無償供与を求め、施設修繕の負担も求めます。

 もっとも、幸いにも理解を得て3市が負担に応じ、上下分離を果たしたとしても、神戸電鉄の赤字体質は変わりません。2012年度は約7.5億円の赤字、2021年度には約9.3億円の赤字となります。

 利用者がバスで運べる程度に少なければ「廃止」と割り切ることができますが、そうでないだけに難しいところです。
(参考:神戸新聞ホームページ http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0004202788.shtml)

|

« 名古屋市バス、基幹バスレーンを逆走 | Main | 113系「阪和色」、来年3月で阪和線から姿消す »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/52054640

Listed below are links to weblogs that reference 神戸電鉄、地元自治体に上下分離を提示:

» 【神鉄粟生線】自治体に買取要請 [かにうさぎの部屋]
乗客の減少が続く神戸電鉄の粟生線について、同社の原田兼治社長が、小野市に対し、沿 [Read More]

Tracked on 2011.07.02 at 10:34 AM

« 名古屋市バス、基幹バスレーンを逆走 | Main | 113系「阪和色」、来年3月で阪和線から姿消す »